「なんとかしてくれ、総理だろ?」池井戸潤、待望の続編!『民王 シベリアの陰謀』発売!

Rooftop


unnamed.jpg

株式会社KADOKAWAは、 池井戸潤氏の最新小説『民王 シベリアの陰謀』を2021年9月28日(火)に発売。

漢字の読めない総理大臣の「秘密」を解明し、 ドラマでも人気を博した「民王」。 シリーズ待望の続編で総理大臣・武藤泰山とバカ息子・翔が直面するのは、 謎のウイルス騒動。 感染拡大と世論の逆風、 絶体絶命のピンチに、 総理親子はどう立ち向かうのか。コロナ禍の今こそ読みたい、 痛快政治エンターテインメント。「民王」最新情報はこちらの特設サイトから。

登場人物紹介
◆武藤泰山(むとう・たいざん)

民政党総裁で内閣総理大臣。 四国の財閥出身の二世議員。 愚直で馬鹿正直なところのある政治家。 一部の若者から”俺たちの泰山”と呼ばれ人気がある。 好物は鯛焼き、 怖いものは歯医者。

◆武藤 翔(むとう・しょう)

泰山のひとり息子。 小学校から大学までエスカレーターで進学、 大学では遊び呆けて二度留年したバカ息子だが、 この春食品メーカーに入社。 年寄りと犬にはウケがいいのが自慢。

◆狩屋孝司(かりや・こうじ)

内閣官房長官。 泰山の盟友で、 「泰さん」「カリヤン」と呼び合う間柄。 とあるスキャンダルで「バナナ官房長官」と呼ばれたことも……。

◆貝原茂平(かいばら・もへい)

泰山の秘書。 名前は古くさいが30過ぎで、 政治家志望。 票読みの才能は天才的だが、 いつもひと言多く、 冗談なのか本気なのかわからない。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ