ハワイでワクチン接種カードが義務に。在住日本人がレストランに行ってみた

女子SPA!

 ハワイ在住ライターの佐藤まきこです。日本より約半年早くワクチンン接種が始まったハワイ。2021年春には感染者数が着実に減り、5月や6月には「コロナはもう乗り越えた」と思っていた矢先、この夏に感染者が爆発しています。

そしてオアフ島では、レストランや映画館などの入場にワクチン接種証明が義務づけられるようになったんです。オアフ島在住の筆者が、現地の様子をご紹介します。

◆ハワイでデルタ株の感染者が急増

ハワイ州健康局のウェブサイトによると、2021年5月から7月の1日の感染者数は50人前後。ワクチン接種者は6割くらいに達していたので、各種の規制はまだありますが、それでもコロナ前とほぼ同じ生活に戻ってきたと感じられていました。

でもちょうどその時期に、デルタ株の恐怖がハワイにも忍び寄ってきていたんです。ハワイ州健康局では、ハワイの4つの島でデルタ株を13人の感染者から確認したと、6月25日に発表。このデルタ株が急激にハワイの住民の間で広まっていったようで、8月になると感染者数が500人を超える日が続くようになり、8月27日には1000人を超えてしまいました。ワクチン接種が始まる前の感染者数は、最大でも300人台。これほど多い感染者が毎日のように続くのは、パンデミック以来初めてのことです。

◆コロナで入院している人の90%以上はワクチン未接種者

現在コロナにかかり入院している人の90%以上はワクチン未接種者と判明。おまけに感染者の93%はデルタ株による感染だそうですから、ワクチンを打っていない人の間で、ものすごい勢いでデルタ株の感染が拡大しているのだと思われます。

また、ワクチン未接種者の感染が多いことから、死者数も増加。9月17日には、コロナによる死者が1日15人の過去最高を突破し、9月だけで105人が亡くなっていると報じられました(9月17日時点)。ハワイの人口は約140万人で、東京都のおよそ10分の1。それなのに、これだけの感染者と死者が出ているのですから、感染爆発の規模がいかに大きいかわかるでしょう。

◆レストランや映画館では接種証明義務化をスタート

この感染急増を受けて、ハワイで最も人口が多く、感染者も多いオアフ島で、レストランや映画館に入場する際、ワクチンの接種証明書の提示義務化がスタートしました。対象となる場所は、屋内の飲食スペースがあるレストランやフードコート、映画館、美術館、水族館、動物園、ジム、プールなど。

ワクチンを打っている人は接種証明書を提示し、ワクチン未接種の人は、48時間以内に新型コロナの検査を受けて陰性証明書を提示しなければ、施設の中に入ることができません。

◆ワクチン接種カードを持ってレストランへ行ってきた

筆者は先日、この接種証明義務化が始まってから初めてレストランに出かけてきたのですが、まずレストランの入口でのチェックがやや面倒。感染者が出た場合の追跡のために、住所と電話番号を店が用意している用紙に記入し、体温チェックを受けます。

そして、アメリカでワクチンを受けた人ならCDC(アメリカ疾病予防管理センター)発行のワクチン接種カードと、写真付き身分証明書を一緒に提示します。これらのチェックを終えて、ようやくお店の中に入れるというシステムです。確認のため1組あたり5分程度の時間がかかるので、店の前では入店する客が列を作って並んでいました。

中に入ると、こちらのお店では紙のメニューは提供せず、QRコードでメニューを案内するシステムです。同じように、連絡先の記入をQRコードからウェブ上で行うように誘導しているお店もあり、各店で工夫をしているようです。

◆接種証明義務化のメリットとデメリット

現在はレストランは収容人数の50%までという人数制限があるため、人気店はすぐに予約がいっぱいになるし、店に入るまでのチェックが面倒だし、デメリットも感じられるこのシステム。それでも、以前よりも安心して外食を楽しめるようになった気がします。

ただ、健康上などの理由でワクチンを打てない人にとっては、わざわざ陰性証明を取得するのは手間も費用もかかることなので、不自由な思いをしているに違いないですよね。

◆日本でワクチンを打った人も対象

ちなみに、このオアフ島の接種証明義務化は、日本でワクチンを受けた方も対象と認められています。ただワクチンのメーカーはファイザー、モデルナ、またはジョンソンアンドジョンソンのいずれかであることなどが条件にあります。さらに日本の証明書はアメリカの証明書とフォーマットが異なるため、現地で提示しても入店できない可能性は否定できません。スムーズに対応してもらうためには、英語での接種証明を持参していると安心できるそうです。接種証明の措置は9月13日から60日間の予定ですが、感染者数により、この措置が延期される可能性はあるでしょう。

現在ハワイのワクチン接種率は74.6%(1回接種が終わった人)。それでもこれだけの感染が広がってしまうというのは、変異株の恐ろしさを物語っています。そして、ワクチンと一緒にウィズコロナの生活を送っていくためには、オアフ島のような接種証明の取り組みが必要になっていくのかもしれません。

Sources:「Hawaii.gov」「Hawaii Tourism JAPAN(1)(2)」「HAWAII NEWS NOW(1)(2)」「DAVID Y.IGE」

<文/佐藤まきこ>

【佐藤まきこ】

女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。ハワイ在住。Instagram:@hawaii_milestone

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ