『青天を衝け』“慶喜”草なぎ剛、“篤太夫”吉沢亮に最後の命 2人の別れに視聴者涙「最終回くらい泣ける」

クランクイン!

 俳優の吉沢亮が主演を務める大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)第28回「篤太夫と八百万の神」が26日に放送。慶喜(草なぎ剛)が篤太夫(吉沢)に下した最後の命と、2人の別れに「最終回くらい泣ける」などの声が相次ぎ、反響が集まっている。

篤太夫は新政府から大蔵省への出仕を求められたが、直接断るために東京の大隈重信(大倉孝二)の元へ向かい、辞任を申し出る。しかし、大隈から「君は新しか世ば作りたいと思うたことはなかか?」と尋ねられると、篤太夫は「この世を変えたい」と思っていた自分の気持ちを思い返す。大隈は国をひとつにまとめるのはこれからだといい、篤太夫を“八百万の神”の一柱に例え、どんなに篤太夫が必要なのかを熱弁。大隈の熱弁を聞いて、篤太夫の胸は高鳴ってしまう。

一方、慶喜はようやく謹慎を解かれ、自由の身に。篤太夫が慶喜に東京でのことを話すと、慶喜は「行きたいと思っておるのであろう。日本のためその腕を振るいたい、と」と篤太夫の胸の内を読み「ならば私のことは忘れよ。これが最後の命だ。渋沢、この先は日本のために尽くせ」と篤太夫に最後の命を下す。

篤太夫は頭を下げ、徳川の家臣になった際に平岡(堤真一)から与えられた篤太夫の名を返し、元の名に戻すことを告げる。慶喜が「元の名はなんだ」と聞くと、篤太夫は「渋沢栄一と申します」と慶喜の目を見ながら回答。慶喜は「渋沢栄一…」と、かつて馬に乗っていたときに「渋沢栄一でございます!」と後ろから走って追いかけてきた栄一の姿を思い返し「そんな名であったかなぁ」とほほ笑む。栄一は「今までありがとうございました」と感謝。慶喜が「渋沢栄一。大儀であった。息災を祈る」と伝えると、栄一は目を潤ませながらも笑みを浮かべ、より深く頭を下げるのだった。

大隈の熱弁ぶりに視聴者からは「大隈さんの勝ち~」「栄一が口で負けた」「栄一くん論破された」「言い負けちゃった笑」などの声が続出。慶喜の篤太夫への最後の命と、2人の別れのシーンには「栄一との出会いを思い出す慶喜の表情…」「栄一の名前を聞いて、出会いを思い出す慶喜にジーンときた」「すごく切ない」「最終回くらい泣ける」「めっちゃ寂しくてたまらんかった」などの声が殺到し、反響を集めている。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ