『コウペンちゃんとまなぶ世界の名画』発売前重版決定! いちばんやさしいアートの本!

Rooftop


81M6gPh+daL.jpg

株式会社KADOKAWAは、 9月25日(土)より書籍『コウペンちゃんとまなぶ世界の名画』を発売。 本作は予約段階から反響が大きく、 発売前に重版が決定。「コウペンちゃん」は、 なんでも肯定してくれるコウテイペンギンの赤ちゃんで、 Twitter発祥の人気キャラクター。 作者はイラストレーターの「るるてあ」氏。

「コウペンちゃんとまなぶ世界の名画」は、 心癒される名画として厳選された53作品をフルカラーで収録。 コウペンちゃんたちのやわらかな会話と共に、 大人から子どもまで分かりやすい解説で名画について学べる「いちばんやさしいアートの本」。

unnamed-6.jpg

監修を務めるのは、 東京都美術館学芸員で作品鑑賞のコミュニケーション・デザインを専門とする稲庭彩和子氏。 モネ、 ゴッホ、 ピカソ、 ルノワール、 ウォーホルや、 伊藤若沖、 葛飾北斎、 東洲斎写楽など、 あまりに有名な作品の今さら聞けない「いったいこの絵、 どこがすごいの?」に答え、 名画のひみつがわかる1冊。

また、 イラストレーター・るるてあ氏による「名画にインスパイアされて生まれた作品」や「本書のために描き下ろされたイラスト」のほか、 「お気に入りの名画へのコメント」も収録され、 ファンも納得の内容。 さらに、 ふりがな付きの解説なので、 アート教育の入り口としてアート教育の入り口として小・中学生や高校生のお子様へのプレゼントにも最適。

unnamed-8.jpg

(C)RURUTEA 2021 (C)Sawako Inaniwa, Tamayo Samejima 2021

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ