ハリー・スタイルズ、コンサートで観客の恋愛相談に映画のセリフを引用しアドバイス

Billboard JAPAN



ハリー・スタイルズが、2021年9月22日に開催したコンサートのステージ上で、観客からの恋愛相談に乗る一幕があった。“Should I text him?(彼に連絡すべきかな?)”と書かれたサインを掲げているファンに対し、ハリーはMCで有名映画のセリフを使いながらアドバイスした。

【Love On Tour】を再開させている彼は、米ミネソタ州セントポール公演のMCで、「彼は君に優しくしてくれるの?」と、気になっている男性にメッセージを送るべきか悩んでいるファンの女性に確認してから自身の考えを述べた。「僕の意見としてはね、“すべきかどうか”は質問ですらない[当然すべきだ]」と彼は助言した上で、「(でも、彼が)真剣なのかどうなのか迷っているのだとしたら……。君が、“彼に連絡すべきかな?連絡しない方がいいのかな?早く連絡し過ぎてもダメだしな”みたいなことで迷っているのだとしたらね、これは“ダブル・テクスティング”(メッセージを送り、返事が来る前にまたメッセージを送る行為)について悩んでるわけで、それは全く別の危険が伴う行為だよね」と続けた。

最終的に彼は、2004年の恋愛映画『きみに読む物語』に登場するセリフを使いながら、「僕の個人的な意見としては、相手が少しでも真剣じゃないと感じたならば、そいつは“ゴミ、ゴミ、ゴミ、君にふさわしくない”」とアドバイスしている。これは、レイチェル・マクアダムス演じる主人公のアリーの母親が、快く思っていないライアン・ゴズリング演じるノアについて“trash, trash, trash, not for you”と叫ぶ印象的なセリフだ。

ハリーの【Love On Tour】は、2020年4月に開始される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた。米国日程は9月4日にようやく開幕にこぎつけたが、現時点ではまだ米国以外は彼の母国である英国も含め、未定となっている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ