【米ビルボード・アルバム・チャート】ドレイク3週連続No.1、リル・ナズ・X/NCT 127が続く

Billboard JAPAN



ドレイクの『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』が3週目の首位をキープした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

初登場の9月18日付チャートから3週連続で1位をキープした『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』は、アルバム・ストリーミング(SEA)が165,000(28%減少)、トラックごとのユニット(TEA)が2,000(14%減少)、アルバム・セールスも4,000(40%減少)にそれぞれ減少し、総ユニットも先週獲得した236,000から171,000に落ちたが、登場3週目としては好記録で、週間ストリーミングも2億2,216万回と高水準を維持している。

2021年のチャートで初登場から3週以上首位をキープしたのは、1月23日チャートから計10週をマークしたモーガン・ウォレンの『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』(今週7位)、8月14日から28日の同3週を記録したビリー・アイリッシュの『ハピアー・ザン・エヴァー』(今週9位)に続く3作目、非連続記録を含めると通算4週をマークしたオリヴィア・ロドリゴの『サワー』(今週5位)に続く4作目の快挙。R&B/ヒップホップ・アルバムにカテゴライズされる作品としては最長で、3週を超えたのは2020年11月11日付チャートでリル・ベイビーの『マイ・ターン』が通算5週を記録して以来となる。

ドレイクは、これでアルバム・チャート“Billboard 200”における首位獲得総週を通算30週目に更新し、2010年代から2020年代にかけての記録としてはテイラー・スウィフト(42週)、アデル(34週)に続く3番目、男性アーティストとしては最長記録に達した。全ての年代における最長記録を保持しているのは通算132週をもつビートルズ。

惜しくもドレイクには及ばなかったが、2位にはリル・ナズ・Xのデビュー・アルバム『モンテロ』が初登場した。初動ユニットは126,000で、そのうちアルバム・ストリーミングが102,000、トラックごとのユニットが3,000、アルバム・セールスは22,000をそれぞれ記録した。週間ストリーミングは全15曲で1億4,716万回を記録している。

アルバム・チャートでのTOP10入りは、 2019年7月6日付チャートで同2位に初登場したデビューEP『7』に続く2作目で、2作連続でTOP3入りしたが最高位は更新できなかった。なお、『7』の初動ユニットは77,000で、週間ユニット数としては記録を大きく更新している。本作からは、ソング・チャート“Hot 100”で「モンテロ(コール・ミー・バイ・ユア・ネーム)」が1位、「インダストリー・ベイビーwithジャック・ハーロウ」が2位を記録し、アルバムのプロモーションに繋げた。

続いて3位には、韓国のボーイズ・グループNCT 127の新作『Sticker』がデビュー。初動ユニットは62,000で、そのうちアルバム・セールスが58,000、アルバム・ストリーミングが3,000とセールスが9割以上を占めた。週間ストリーミングは全11曲で466万回を記録している。NCT 127としてのTOP10入りは、2020年3月21日付チャートで最高5位を記録した前作『Neo Zone』に続く2作目で、NCT名義の作品を含めると、2020年10月31日付チャートで6位にデビューした『The 2nd Album RESONANCE Pt.1』に続く3作目のランクイン。

以下、カニエ・ウェストの『Donda』(57,000ユニット / 27%減少)が2位から4位に、オリヴィア・ロドリゴの『サワー』(51,000ユニット / 6%減少)が4位から5位にそれぞれダウンし、ドージャ・キャットの『プラネット・ハー』(47,000ユニット / 5%減少)は6位をキープ。モーガン・ウォレンの『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』(39,000ユニット / 1%増加)が8位から7位に、ザ・キッド・ラロイの『ファック・ラヴ』(38,000ユニット / 3%減少)が7位から8位に順位を入れ替えた。先週3位にデビューしたケイシー・マスグレイヴスの『スター・クロスト』は、62%減少の29,000ユニットまで落ち込み、今週10位に急落している。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは10月1日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』ドレイク
2位『モンテロ』リル・ナズ・X
3位『Sticker』NCT 127
4位『Donda』カニエ・ウェスト
5位『サワー』オリヴィア・ロドリゴ
6位『プラネット・ハー』ドージャ・キャット
7位『デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム』モーガン・ウォレン
8位『ファック・ラヴ』ザ・キッド・ラロイ
9位『ハピアー・ザン・エヴァー』ビリー・アイリッシュ
10位『スター・クロスト』ケイシー・マスグレイヴス

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ