言わないで欲しい…男性が萎えてしまう「デート中の発言」4つ

愛カツ


お互い仕事で忙しいカップルにとって、休みの日に丸一日デートできるのは貴重ですよね。

でも、デート中の言動によっては、男性を萎えさせてしまう可能性もあるよう。

そこで今回は、男性が萎えてしまう「デート中の発言」を4つご紹介します。

言わないで欲しい…男性が萎えてしまう「デート中の発言」4つ

■ 「仕事は楽しい?」

なんとなく仕事の話題を振るのも、じつは男性にとって、あまりうれしくない話題かもしれません。

「仕事楽しい?」だけでは漠然としすぎていて、どういう会話をしたいのかがわかりませんし、そもそも仕事の話をしたくない男性も大勢います。

悩んだり疲れたりする様子が見えて、心配が故に仕事のことを話題にすることもあるでしょう。

その際は「仕事のストレスとか溜まってない?私で良かったら愚痴聞くよ?」と、まず彼を支えたい、力になりたいという気持ちを伝えましょう。

また、仕事の内容ややりがいを尋ねたいときは、自分の仕事について話してみてください。

それから「そう感じることってない?」と、共感を求める形で尋ねるとよさそうです。

■ 「明日から仕事なの嫌だな~」

楽しい週末ももうすぐ終わり、明日からはまた仕事……。

デート中も、「明日の仕事……」というワードを出してしまうと、せっかくの楽しい気分が、明日の仕事への意識で台無しになってしまうかもしれません。

明日のことは明日のこと。せっかくのデートですからその日、その時間を楽しみましょう。

もし、明日からの仕事を憂鬱に思ったなら、「これで、あしたからもがんばれるー!」と、前向きな発言をするのがおすすめです。

■ 「微妙だったかな~」

「微妙だったかな~」

デート自体に不満はなくても、見た映画や食べた料理の味、イベントの面白さがイマイチなことはあるかもしれません。

とはいえ、それをストレートにいってしまうのはよくないでしょう。

彼に「どうだった?」と尋ねて、彼から「微妙だったかな~」という発言があれば、それに同意するのはOK。

同じ意見で盛り上がる形であれば、不満もまた、楽しい会話となるはずです。

■ 「スーツのほうが好きかも」

男性のスーツ姿が好きな女性は多いのですが、だからといって、週末の私服のときに、「スーツのほうがいい」発言はNG。

褒めているつもりでも、彼にとっては「私服がダサい」「スーツじゃないと魅力的じゃない」という発言に聞こえてしまいます。

スーツ姿を褒めたいときは、「~のほうが」とくらべないように。

「○○くんって、スーツ姿もすごい似合うよね」と表現するなら、素直に褒められていると感じてもらえるはずです。

■ デートを台無しにしないよう注意!

ポロっと出てしまった一言のせいで、せっかくのデートを台無しにしてしまわないよう要注意。

常日頃から「これを言ったら、相手はどう感じるかな?」「自分の意思とは違う受け止められ方をされる可能性はないかな?」と考えておきましょう。

そうすれば思わぬNG発言を避けられるようになるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ