松本人志、『笑ってはいけない』休止に言及「3月あたりで…」


9月26日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。今週はゲストに、A.B.C-Z・河合郁人、カンニング竹山、眞鍋かをりを迎えました。

大みそか『ガキ使』休止の真相


松本が出演する番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない」シリーズが今年は休止に。

8月、放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会(青少年委員会)」が、「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議の対象とすると発表しましたが、その発表前から休止は決まっていたと松本。

「あれだけの大型特番ですから、会議なんて3月、遅くとも4月から始まるんですよ。今年の3月あたりで、コロナの収束もいまいち見えていない。さらにもっと(悪化する)って考えたときに“難しいんじゃない?”って判断しました」

 出典: フジテレビ

コロナ禍において、同番組の収録は難しいと判断したための休止にもかかわらず、BPOが世間から叩かれてしまう形に。松本は「だから、これからも『BPOにやめさせられた』って言っていこうかなって思います」とコメント。スタジオを笑わせつつも、ことの真相を明かして、視聴者を納得させました。

また、コロナだけが休止のきっかけというわけではなく「僕らの体力的なこともあって、“一旦ここで(休む)”という話はしていたんですよ。今後(再開するのか)は未定です」と述べていました。

松本が藤崎・トキに愛ある一言


番組では、藤崎マーケット・トキがTwitterにて『舞台やテレビなどで、スベり過ぎて容量を越えた日は「服を買う」という謎のルーティンが出来てしまった』とつぶやいたツイートを紹介。

スタジオでは、仕事で失敗したときの行動や対処法を語っていく中、松本が「基本、スベったことはないんですけど」と笑わせつつ「こいつ(トキ)に言いたいのは、『スベったら服を買う』というか、“スベんなや! 頑張れよ!”って。スベる前提になっているから」と喝を入れます。

 出典: フジテレビ

しかし、松本自身もうまくいかないことがあるようで「(収録などで失敗した日は)地の底から出てくるような唸り声出るよね。『ヴァアアアー!』って。いまだに出るかな……」と告白。

「こればっかりは慣れないね。“なんであそこであれ言えへんかったんや。これ言ってたらめちゃめちゃ良かったのに”で……『ヴァアアアー!』」と回顧。彼のトークに、ほかの出演者は「松本さんでも(そんなことが)あるんだ」と驚いていました。

このほか、iPhone芸人のかじがや卓哉がスタジオに登場。先日発売されたばかりのiPhone 13の魅力を解説する一幕もありました。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ