がんを告げられた私が「再発の恐怖」と向き合った経緯【大穂その井#10】

OTONA SALONE



52歳で突如としてがんが見つかり、同時に親の介護も担うこととなった大穂その井さん。ご自身の体験を話してくれました。好評の内容を再配信します。

最後に、自分自身が戦い続ける「恐怖」の話


私の、大失敗しながらの実体験に基づいた「がん」と「介護」の乗り越え術。
  1. がんになった自分を責めるな(前進せよ) 
  2. 自分だけで解決しようとするな(エリート街道を行け
  3. 医師はチームメンバー(プロジェクトリーダーは私)
  4. 「助けて!」と言える勇気を持て(見栄を捨てよ)

の4つのポイントをお話してきました。最後は、

  5.恐怖を乗り越える(自分を救うチカラ)

です。

今回はちょっと極端すぎて、皆さんに受け入れていただけるかどうかわかりませんが、思い切って賭けてみます(笑)。

私はわざわざ脱毛した姿をすてきに撮影した。その理由は


ひとりっ子でおひとりさまの私が、52才で乳がんを発症。54才でがんが再発してから、両親の介護に直面した7年間。

こんな私にとって、最大の恐怖は何だったかというと、それはまさに「がんの再発」でした。

でも再発しちゃった。身体がしびれるような恐怖がやってきたわけです。
そんな状態から自分を救うチカラになったもの、それがこの写真です。



そう、副作用で脱毛した自分のハゲ写真。

「なにをバカなことを」と思う読者の方は多いはず。女性にとって最も大切にしたい「女性らしさ」が失われた写真ですから。

でもこうやって、自分の最悪の姿を笑顔で残したことが、最も自分を救うチカラになりました。

これにはある大物実業家とのエピソードが隠されています。

かつて、私はボスからのメッセージに大泣きしていた


わたしが初めてがんになった7年前、アメリカ出張から帰国したある男性実業家が送ってくれた雑誌「 People」(2014.8月号)。そこにはこんなメッセージが付いていました。

その井へ アメリカのPEOPLE誌で全米モーニングショー、一番キャスターJoan Lundenが、優雅に、美しく、しかも勇敢に乳がんと闘っている記事を見つけた。

入院中だった私は、送られてきた雑誌の表紙を見て、感動のあまり声を上げて泣きました。

なぜなら、そこには、がん治療で脱毛した女性が美しく笑っていたから。※1

Peaple掲載写真 Instagram @joanlunden


がんになって初めて思いっきり泣いた。 

泣いたあと、「すがすがしい。綺麗」そう思い、ふつふつと元気がみなぎってきました。

この時、私は、がんを摘出するために、左胸を全摘出するとともに、転移していたリンパ節も切り取っていました。手術から8日目。

まだ身体にドレーンという血液の排液チューブが刺し込まれていて、ダメージ最強な時。

手術前の抗がん治療で髪の毛はほとんど抜けていました。

そこにこの写真です(泣)

つづき>>>困惑する周囲。私が救われた「ボスの態度」とは?( https://otonasalone.jp/?p=248232&preview=true )

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ