富士急行、マッターホルン号30周年バージョンを運行開始

IGNITE


鉄道ファン必見、特別ラッピング車両が登場。富士急行でスイスの風が感じてみよう。



■新マッターホルン号を運行開始

富士急行は9月18日(土)、創立95周年を迎えるとともに、同日、スイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道(以下MGB)との間に、姉妹鉄道提携を結んで30周年を迎えた。



これを記念して、同日より、30周年バージョンへとデザイン変更した新たなマッターホルン号の運行を開始。ヘッドマークに30周年記念ロゴを付けたこの車両は、外装ドア部分をはじめ車内のいたるところに、四季折々の自然の中を走るMGBの様子が掲出され、電車に乗りながらスイスの雄大な自然の美しさが感じられる。なおこの列車は普通列車を中心に運行される。



この提携は1991年に創立65周年を迎えた富士急行の記念行事として、同年に創業100周年を迎えたブリーク・フィスプ・ツェルマット鉄道(MGBの前身)との間で締結された。

これは両社が共に社訓とする「真心」「信頼」「安全」「実行」という理念が一致したことに加え、「富士山とマッターホルンという国際観光地を走る山岳鉄道」などの共通点から実現したものだ。これまでに人材交流を始め、サービス面や技術面など様々なノウハウを交換する親善交流も継続してきた。

■魅力的なグッズも販売

・MGB鉄道オリジナル「スーツケースベルト

価格 1800円(税込)

MGB鉄道の駅売店で販売していたオリジナルのスーツケースベルトを富士急行線で限定販売する。現在手に入れることができるのはここだけ。沿線の魅力が詰まったスタイリッシュなデザインのスーツケースベルトだ。発売箇所は河口湖駅、富士山駅、富士山ビュー特急車内、公式オンラインショップ「富士急のりもの百貨店」となっている。

・MGB鉄道姉妹提携30周年記念入場券セット

価格 1100円(税込)

「MGB鉄道姉妹提携30周年記念入場券セット」は約30年前に使用されていたマッターホルン・ゴッタルド鉄道の区間乗車券のレプリカと、富士急行線の入場券をセットにした記念コラボ入場券セットだ。こちらは発売開始が10月9日(土)となり、発売箇所は公式オンラインショップ「富士急のりもの百貨店」、富士急行線「富士山駅」となる。

海外に訪れるのが難しい分、富士急行で少しでもスイスの気分を味わいたいものだ。

富士急行ホームページ
https://www.fujikyu.co.jp/

(GINGA)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ