レズビアンの「友達になりたい」「恋人になりたい」の違いを聞いた

fumumu

レズビアン(MarijaRadovic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
同性同士だからこそ、深い友情を育みやすいと感じることがある一方で、レズビアンの場合に恋愛対象になることもあります。

友達になるつもりが…恋人になりたかったのに…とお互いに齟齬が生まれてしまうこともあるでしょう。

そこで、fumumu取材班は、レズビアンの人に、友達になりたい人と恋人になりたい人との違いを聞いてみました。

(1)瞬間的か永続的か


「『友達になりたい』は、瞬間的な感情。『恋人になりたい』は永続的な感情…と言ったところでしょうか。

たとえば友達の場合は、連絡を取る頻度が年に1回でも、一緒に遊ぶのがたった1度きりでも、『その瞬間を共にしたい』という気持ちがあれば関係が成り立つと思うのですが、恋人の場合は日常的に連絡を取ったり一緒に過ごしたり『永い時間を共にしたい』という気持ちが根底にあって初めて成り立つと思うんです。

あくまで個人的な感覚ですが、そういう共有したい時間の長さみたいなところに、『友達になりたい』と『恋人になりたい』の違いがあるような気がします」(20代・女性)

関連記事:恋人ができると友達が減る場合も…遠ざかっていく友達の特徴

(2)それぞれ理想が違う


「友達と恋人と求める役割が違うので、違いをひとこと言えば、それぞれ求める理想像が違うといったところでしょうか。

友達は価値観が違っても楽しい時間を過ごしたり、新しい刺激が得られる相手。中には、2~3日一緒にいるとストレスになるような子もいます。

恋人はずっと一緒にいてストレスがなく、価値観も近い相手。くつろいだり、癒されたりすることを求めています」(20代・女性)

(3)曖昧になることもある


「”友達になりたい”は、特に恋愛感情なしがほとんど。でも、一部の人は友達から恋人になりたいと思っている人もいると思う。

友達と恋人の境界線があいまいというか、友達だけれどもワンチャン恋人に…的な感じ?

でも普段生活していて、その考えだと友達出来なくなっちゃうから友達は友達、恋人は恋人で分けて考えるようにしています」(20代・女性)

うまく探り、お互いに良いと思える関係性を築けたらいいですね。

・合わせて読みたい→男子に聞いた! 「友達以上恋人未満の女子」3パターン

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ