有村架純&志尊淳、農家・児童相談所・ホストクラブへ…コロナ禍の声を聞く


有村架純と志尊淳が出演するドキュメンタリー映画『人と仕事』(10月8日公開)の場面写真が25日、公開された。

同作はスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画したドキュメンタリー映画。コロナに打ちひしがれた日本の職場で「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士などの人々、その他、声なき仕事人達の現状をレポートする。監督は、大学在学中にドキュメンタリーを制作しその腕前を森達也監督らから激唱された森ガキ侑大が務め、2人の俳優が、一仕事人として現代社会と向き合い、仕事の意味を再発見していく。

今回解禁された場面写真は有村と志尊が農家や児童相談所といった、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる人々の職場を訪れ、彼らの仕事を取材・体験しているというもの。「エッセンシャルワーカー」という言葉はこのコロナ禍において広く浸透した言葉で、医療や福祉、保育に第一次産業などを始め、人々の生活の根幹を支える職業に従事する人々のこと。そして「エッセンシャルワーカー」の言葉と共に新しく拡がった「リモートワーク」だが、エッセンシャルワーカーの多くはリモートでは出来ない、人と対面・触れ合うことで成立する仕事をしている人が多い。コロナ禍の影響で心身的にも、金銭的にも打撃を受けたエッセンシャルワーカー。本作では有村と志尊が、様々な職種のエッセンシャルワーカーの職場を訪れ、取材し、その仕事を体験している様子が描かれている。

ある農家の元を訪れた2人は、実際に作物の収穫を体験。人々の生活の基盤である「食」を支える農家の仕事を、実際に体験した有村と志尊の姿が映し出されている。この日は落花生の収穫とその仕分け作業を体験し、コロナ禍が農家という仕事に与えた影響についても取材する。緊急事態宣言の発出の影響で出荷先などが無くなってしまい、苦しい経営状況に立たされた農家のリアルな声を聞いた。

また、有村は都内の児童相談所を取材。2020年、警察からの児童虐待通告は全国で過去最多を記録し、背景にはコロナ禍による環境の変化をきっかけとする家族間不和があると、取材先の職員も語っている。児童相談所という仕事についての話も聞いた有村は「様々な人の心の感情と向き合うことになる児童相談所の仕事は、心を表現する役者という仕事にも通ずる部分がある」と、取材の中で語った。

本作では一般に定義されているエッセンシャルワーカーだけでなく、人と触れ合うことで成立する職業に従事する人も取材している。そんな中、志尊はこのコロナ禍で差別や偏見を向けられた「夜の街」でホストクラブの経営者を取材。コロナ禍よりも前から偏見や差別の目で見られることが多かった夜の仕事に従事する人々が、このコロナ禍において何を感じているのか、その生の声に真摯に耳を傾ける志尊の姿が映し出されている。さらに今回紹介した職業の他にも本作では介護福祉士や保育士など様々な職種のエッセンシャルワーカーを取材した。

(c)2021『人と仕事』製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ