『アタック25』の終了と視聴者参加クイズの今 【令和テレビ談義】~クイズ作家編~<2>


●絶対あり続けるものだと思っていた番組
YouTube・サブスク動画配信サービスの台頭、視聴率指標の多様化、見逃し配信の定着、同時配信の開始、コロナ禍での制作体制――テレビを取り巻く環境が大きく変化する中、最前線にいる業界の“中の人”が語り合う連載【令和テレビ談義】。

第3弾は、数多くのクイズ番組を手がけ、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でも話題となったクイズ作家の矢野了平氏と日高大介氏が登場。『今夜はナゾトレ』を手がけるモデレーターのフジテレビ・木月洋介氏を含めた3人で、「クイズ番組」についてとことん語り合うテレビ談義を、5回シリーズでお届けする。

第2回は、この10月改編でレギュラー番組が消滅する「視聴者参加クイズ」がテーマ。老舗の『パネルクイズ アタック25』は、なぜ46年の歴史に幕を下ろすことになったのか。様々な角度から分析しつつ、26日放送の最終回1時間SP「史上最強のチャンピオン決定戦!」(12:55~)に出場する日高氏が、その心境を語ってくれた――。

○■テレビ業界の切実な問題を突きつけられた

木月:この10月改編で、『アタック25』(ABCテレビ)が終了し、『99人の壁』(フジテレビ)が特番になり、レギュラー放送の視聴者参加クイズ番組がなくなるということが言われてますが、率直にどのように捉えていますか?

矢野:『アタック25』に関しては、46年やってこられて、よく言えば美しいマンネリということだったんですけど、絶対あり続けるものだと思っていたのが、そういう時代じゃなくなったんだなというのが、1つのクイズ番組が終わるということよりも、テレビ業界のちょっと切実な問題を突きつけられた感じはありますね。

日高:『アタック25』というのは、自分のクイズ人生を語る上において、常にそばにいた番組だったという印象があるんです。小学生とか中学生のときに、クイズ仲間と遊びでクイズをやるときも、ルールはオセロを真似したものだったりとか、どこかに『アタック25』というものが頭にあったと思うんです。その上、みんなが存在を知っていたというのは、改めてすごい番組だったんだなと思います。ただ、やはりあの番組は早押しクイズというのがメインじゃないですか。早押しクイズというのは、20世紀の頃と現在のシーンとで、時代に合わせて変えていかなければいけないというのが、大変だったんだろうと思うんです。実際、『アタック25』って、番組開始当初と、2000年初頭と、現在の3つを比べるだけでも、問題文が全く異なるんですよ。昔は問題文がもっと短かくて、非常に端的で鋭い問題文だったんですね。それが現在では、問題を聞いて誤解や間違いがないように、情報を足すことによって、長い問題文になっているんです。そういう意味で、常に時代を反映した問題文で出題するのが『アタック25』だったんですけど、だんだん難しい世の中になってきたのかなと思いますね。この番組に僕らは関わっていないので、全部推測ですけど。

――おふたりとも出場者として優勝されていますよね。

日高:98年の2月に僕が優勝して、11月に矢野が優勝したんです。『高校生クイズ』(日本テレビ)とか『炎チャレ(ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!)』(テレビ朝日)とかでクイズ作家の活動を始めたのも98年だったから、印象深い年です。

○■クイズマニア視点からの役目は終えていた

木月:クイズプレイヤーの登竜門みたいな位置付けの番組なんですか?

矢野:どこかそういう部分はありますね。テレビクイズに憧れた人だったら、やっぱり一度は優勝しておきたいという感じですよね。

木月:それがなくなってしまうというのは、今後への影響も大きいでしょうか?

矢野:『アタック25』が悪いというわけでは全くないのですが、正直言うと、いつ終わっても良かったとも言える状況だったと思うんですよ。今、中高生でクイズが好きだという子は、『アタック25』よりも『東大王』(TBS)を見たり、もしくはテレビではなくネット上やイベントとして行われる“競技クイズ”のほうが主軸になっていて、テレビに出ることを意識していない若い子がたくさんいるように思うんです。だから、クイズマニア的な視点でいうと『アタック25』の役目は、実はもうだいぶ前から終わっていたのかもしれないです。

日高:僕とか矢野は、テレビクイズが大好きでしたので、クイズ番組に出たいとなったら『アタック25』に出るくらいしか目標がなかったですからね。そういう意味では、長く続けていただいたことに、とても感謝したいです。ましてや僕は、筆記予選を勝ち抜いて、最終回の挑戦権を得ている状況ですから、なおさらそう思います(笑)。結果はどうなるか分からないですけどね。

矢野:僕らが学生の頃は『アタック25』で優勝したいというのが1つモチベーションとして大きかったので、それに対応した練習もやってたんですけど、今の若い子たちは全然そういうのがないんで、『アタック25』で高校生大会とか大学生大会とかを見てると、パネルの取り方があまり上手くないんですよ(笑)。もっと言うと、クイズで一番答えられてるのにパネルが取られて優勝できないというルールをアンフェアだと思ってる子もいるくらいですから。

日高:パネルの取り方は深いんですよ(笑)。矢野が出るって決まったとき、矢野の家に行ってパネルの取り方を研究するために、100戦、200戦平気でやってましたからね。ちなみに、今現在の僕も、最終回に向けてワンチャンあるので、頭の中でパネル取りのシミュレーションをしていたりしています(笑)

矢野:あと、クイズ番組としては、地上波のゴールデンで放送されてるクイズ番組の進化が半端ないんですよ。写真や映像がバンバン出てくるし、文字のサイズもすごく計算されている。それだけテロップもたくさん入れないといけないし、日曜のお昼30分で限られたスタッフと予算の中で対抗するのは、難しいですよね。

●レギュラー終了も…波に乗っている『99人の壁』

矢野:『99人の壁』に関しては作り手の立場ですが、視聴率が悪かったとか、番組が不評だから終わるというわけではなくて、レギュラーでなくなるだけですからね。

日高:僕もレギュラー化以降、矢野と一緒にやらせていただいているので、同感です。視聴率が悪くて終わるんだったら、叙々苑弁当とかローストビーフ弁当が連発する現場になるわけがないので。矢野は「今一番、テレビ業界でお弁当がおいしい番組」って言ってますし(笑)。そういう側面からも、波に乗ってる番組だなと感じ取ったりするので、放送のペースも、これまでとそんなに変わらないんじゃないかなと思っています。僕、全部の問題監修してるんで、パソコンに全部問題が入ってるんですよ。思い入れのあるジャンルもめちゃめちゃありますし、また100人集まってやるクラシカルなパターンも、特番ではやりたいですね。

矢野:僕的に『99人の壁』は、ルールとかシステムうんぬんじゃなくて、出題方法をいろいろ発明できる番組だと思うんです。「こんな出し方があったんだ!」みたいなことは、他の番組ではないところなので、特番になってからもそこは探求していきたいと思ってますね。

日高:矢野と演出の千葉(悠矢)さんで会議をやるんですけど、コロナの前の対面の時はじゃれ合いながらクイズ作ってて、「冗談のように言ったことが実はクイズになるんだ!」っていうことが結構あったりしたから、僕の中で最近では結構自信がついた番組なんですよ。中でも会心の一問は、ジャンル「石川さゆり」っていうのがあって、石川さゆりさんって『紅白歌合戦』で「天城越え」と「津軽海峡・冬景色」を交互に隔年で歌うんですね。その中で「近年、『天城越え』と『津軽海峡・冬景色』以外で歌った曲はなんでしょう?」という早押し問題がベースにあったんですけど、それを年表があって縦にスクロールしていって、津軽、天城、津軽、天城…って続く中で、2006年に「?」があって曲名を答える問題にしたんです。正解は「夫婦善哉」なんですけど、その画面のスピードの気持ち悪さがちょうど良くて、(佐藤)二朗さんが「モニター壊れたかと思った!」と言ってバーンと笑いが起きたときに、1つの達成感がありました。「こういうのできないですかね?」みたいな発想ができたのも、あの番組だからだと思うんですよね。
○■「早押しクイズ、視聴率とりにくい説」

木月:先ほど日高さんからあった早押しクイズの話ですが、「早押しクイズ、視聴率とりにくい説」ってのが最近矢野さんと話しているテーマの一つでして。テレビ番組としては、解答者が押しちゃうと、視聴者が考えられないうちに答えられちゃうんですよ。それだとストレスに感じて、もうちょっと考えさせてほしいという気持ちになるんではないかと。

日高:テレビのクイズ番組というのは、やっぱり解くために見てるんですよね。主にゴールデンの番組は、いかに視聴者がストレスなく一緒に考えられるかどうかを計算してお届けされているんです。一方で、いわゆるクラシックな『アタック25』は、読んでる問題文が途中でストップしてしまうので、その先を読むという楽しさもあるのかもしれないですけどね。

矢野:今のゴールデンのクイズ番組にも早押しは全然残ってるんですけど、それは2つの目的に行き着いてるんです。1つは、タレントさんが答えを分かると押すんだけど、それは視聴者も同じくらいの時間で一緒に考えられるレベルの出題になっている。もう1つは、東大王みたいな人に「何でこんな早く押せるの!?」って驚く“びっくり人間ショー”。この両極になっていて、『アタック25』はその中間にいる難しさがあるんですよね。

――『99人の壁』が初期の頃、わりと早押しクイズ中心だったのが、ビジュアルを見せて交互に解答し合うみたいなクイズを盛り込んでいったのは、そうした背景があったのですか?

矢野:そうですね。『99人の壁』は後半に早押しが待ってるんですけど、それは100万円が懸かった勝負なので、そこの段階だと戦いとして見れるということなんです。

木月:結局、何を見せるかが大事なんですよね。早押しクイズはやってるほうは楽しいけど、見てる側も楽しくなれるようにしないといけないんです。

矢野:そういう早押しクイズが今求められているというのを考えると、『アタック25』は46年守り続けたオールドスタイルなので、それが大好きな人は楽しいけど、ご新規様、特に若い人や今のゴールデンのクイズ番組に慣れている人には、ちょっとついていきづらいところがあったのかなと。『アタック25』は、かたくなに問題文のテロップも出さないですからね。そこは良き伝統ではあるんですが。

日高:ある種の職人肌みたいなものを感じますね。伝統とプライドのような。20世紀の早押しクイズというのは、『ウルトラクイズ』にしても他の番組にしても、問題の先読みをするというよりは、正解が分かったらボタンを押してその知識について答えるというのが大原則だったと思うんです。ただ、今世紀に入ってあまりにも答える側の技術が明らかにアップしたんですよ。クイズ番組が研究し尽くされてしまって、「このフレーズが来たら、答えはこれだ」という感じで百人一首になってしまったんです。もちろん、僕とか矢野もクイズを研究した側ではあったかもしれないですね。『アタック25』もクイズプレイヤーが全然出られなかった時期もあったように記憶しています。
○■クイズマニアvs番組制作者の戦い

矢野:そういえば、『クイズグランプリ』(フジテレビ)って、誰かがボタンを押そうが最後まで問題を読み切ってたんで、そのルールを逆手に取って問題が出た瞬間に早押しボタンを押して、問題を全部聞いてから答える人が横行したから、番組が終わってしまったそうなんですよ。

日高:最初はみんなフェアプレーでやっていくけど、必勝法を逆手に取ってしまったんですね。

木月:マニアがジャンルを潰すというよくある例ですね。そこを、制作者側がどう対応していくかというところの繰り返しですね。

矢野:『高校生クイズ』が、時期によって「知の甲子園」と言って超ハイレベルなクイズバトルのときもあれば、『ウルトラクイズ』みたいにアドベンチャーにすることもあれば、今は「地頭力」というふうにテーマが変わっていきますけど、それはその時代の高校生に合わせているのと同時に、高校生対策という部分もあるんですよね。

日高:「『高校生クイズ』ならこう出してくるだろう」と予想されるので、クイズの組み方を裏切るんですよね。

矢野:「知の甲子園」は5年やったんですけど、後半の3年は開成高校が3連覇したんです。それで、もう違うテーマに行こうという感じでしたね。

●視聴者参加番組で芸能人が解答者になるのは…

日高:視聴者参加番組で言うと、『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ)の解答者が芸能人になったのは、すごいモデルケースでしたよね。視聴者参加番組で始まったのが、1回芸能人大会をやって、その後すぐ変わりましたから。

矢野:でも意外に勘違いされてる方が多いんですけど、『クイズダービー』(TBS)にしろ、初期の『タイムショック』(テレビ朝日)にせよ、視聴者参加クイズではあったんですけど、昔から芸能人大会は結構やってたんですよね。タレントさんが出る回で勢いをつけるというのは昔から変わらないから、「タレントに頼るのはダメ」みたいなことは、全然ないと思うんですよ。

日高:『アタック25』でも、節目節目で芸能人大会やアナウンサー大会が企画されていましたもんね。

木月:視聴者参加かタレント参加というところは、システムの話ではないので、番組にとって一番大事な“背骨”のところとは関係ないんですよね。

矢野:いい意味でそこが混ざってるのが『99人の壁』だと思うんですよ。視聴者参加でもあるし、そこにタレントさんが来ても何かに特化してそのジャンルに愛がある人っていうことだから、そこに差はないんですよね。

日高:本当に芸能人の方でも詳しい趣味を持ってる方、いらっしゃいますもんね。

矢野:視聴者参加番組は、答えてる人が何者か分からなくて感情移入しにくいとか、キャラクターが描けないって批評されることが多いんですけど、それを言ったら『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ)で、「この人を知ってる視聴者いる!?」というツウ好みな大ベテランの芸人さんが出演されてますし(笑)。そこが根本ではないというのは、すごくあると思います。
○■「視聴者参加クイズ番組」の灯を絶やしてはいけない

●『アタック25』最終回に出場した日高氏が収録後、その心境を語ってくれた――

日高:46年続いた長寿番組の最終回の場に立たせていただくということで、すごく光栄でした。それだけでほぼ満足だったんですが、やっぱりそこはクイズ番組ですので、手ぶらで参加しては申し訳ないということで、わずか2週間という期間ではあったのですが、謹んで猛勉強させていただきました。最後は歴代チャンピオンが集まる大会なので、真剣にやらないと、筆記面接や面接試験で落ちていった方たちに申し訳ないという思いもありましたので。

――改めて、感じたことはありましたか?

日高:「視聴者参加クイズ番組」の灯は絶やしちゃいけないなと思いました。こんなに濃密で楽しい非日常な2週間はなかったように思います。だから何かの形で、『アタック25』のような視聴者参加クイズ番組を今後我々が復活させて、皆さんに恩返ししていくということが、あるべき姿なんだろうなというのを、しみじみ感じている毎日です。

収録中は本当に「怖い」という気持ちがありました。間違っちゃいけないというのもあるし、これだけの番組の最終回に泥を塗っちゃいけないというプレッシャーもありましたし。そういう意味ではしんどかったですけど、今となってはそれがすべて「楽しかった」に変換されています。だから、1人でも多くの方に、このワクワクドキドキを感じてほしいですね。

次回予告…~クイズ作家編~<3> “どんでん返し”はご法度に…クイズ番組の歴史と変化

●矢野了平1977年生まれ、埼玉県出身。高校時代からクイズ番組で活躍、東洋大学在学中からクイズ作家の仕事を手がけ、01年にプロの放送作家としてデビュー。現在の主な担当番組は『くりぃむクイズ ミラクル9』『マツコ有吉かりそめ天国』『有吉クイズ』(テレビ朝日)、『水曜日のダウンタウン』『オオカミ少年』『オールスター感謝祭』『クイズ☆正解は一年後』『佐藤健&千鳥ノブよ!この謎を解いてみろ』(TBS)、『潜在能力テスト』『今夜はナゾトレ』『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』(フジテレビ)、『天才てれびくんhello』(NHK)など。

●日高大介1977年宮崎県生まれ、静岡県育ち。高校時代からクイズ番組で活躍し、慶應義塾大学在学中からクイズ作家の仕事を手がける。06年に『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ)でプロの放送作家として活動を開始する一方、『お願い!ランキング』『キス濱テレビ』『真夜中のプリンス』(テレビ朝日)、『笑っていいとも!』(フジテレビ)、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)、『勇者ああああ』(テレビ東京)などに出演。現在の主な担当番組は『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ)、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日)、『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(フジテレビ)など。

●木月洋介1979年生まれ、神奈川県出身。東京大学卒業後、04年にフジテレビジョン入社。『笑っていいとも!』『ピカルの定理』『ヨルタモリ』などを経て、現在は『新しいカギ』『痛快TV スカッとジャパン』『キスマイ超BUSAIKU!?』『ネタパレ』『久保みねヒャダこじらせナイト』『出川と爆問田中と岡村のスモール3』『千鳥の対決旅』『人間性暴露ゲーム 輪舞曲~RONDO~』などを手がける。クイズ番組は、現在放送中の『今夜はナゾトレ』のほか、『タモリのジャポニカロゴス』『全国一斉!日本人テスト』『優しい人なら解ける クイズやさしいね』などを担当。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ