ザ・マミィ「決勝に出ればギャルが来るよ」という言葉を信じて…【キングオブコント直前④】


コント日本一を決める『キングオブコント2021』(TBS系)が、10月2日(土)に放送されます。ルール変更によって即席ユニットの参加が解禁されるなど、予選から話題たっぷりだった今年の大会で、決勝の舞台に立つのは10組。今回は、念願の初出場を決めたザ・マミィ(酒井貴士、林田洋平)の決勝直前インタビューをお届けします。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

決勝メンバーは、うるとらブギーズ、蛙亭、空気階段、ザ・マミィ、ジェラードン、そいつどいつ、男性ブランコ、ニッポンの社長、ニューヨーク、マヂカルラブリーの10組。

昨年に引き続いてコロナ禍での予選となった今回のキングオブコントは、14回目にして即席ユニットが解禁され、人気芸人同士がタッグを組んだ“目玉コンビ”が参戦するなど、激動の大会となりました。栄冠を勝ち取るのはいったい誰なのか――ファイナリストたちの熱い思いを連続インタビューでお伝えします。

ヘンテコタレントで終わるところでした


――初めての決勝進出です。率直な感想を教えてください。

林田 これまで準決勝の壁に阻まれてきたんで感無量ですね。いまは、いったん喜んでいますけど、よく考えたら、ここからすごい戦いが始まるんだなと思っています。ようやくいま、落ち着いてきているような状況です。

酒井 お笑い芸人になるときって、やっぱり自分がファイナリストになっている未来を想像するんですよ。それがいま現実になったので、ここからは余生です。

林田 余生続きだな(笑)。むかし『爆笑オンエアバトル』(NHKで放送されていたお笑い番組)に出られたときも「余生だ」って言ってただろ。

酒井 『キングオブコント』のファイナリストで元巨匠の岡野陽一さんにかわいがってもらっているんですけど、(決勝に出たら)ギャルが1人来たらしいんですよ。「お前も決勝に出ればギャルが来るよ」って言われたので、それが楽しみで楽しみで……(聞きたいのは)こういうことじゃなかったですか(笑)?

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

――(笑)。そのように決勝に出るだけでも環境が変わる芸人さんは大勢いますが、仕事面で期待することはありますか?

林田 (所属事務所の)人力舎の営業を仕切っているスタッフさんがいらっしゃるんですけど、ギャラを上げてくれたら嬉しいです。

酒井 生々しいんだよ(笑)。

林田 僕が言うと生々しいか(笑)。でも、やっぱり違うじゃないですか。いま、なんとかバイトはやっていないですけど、ギリギリなので、そこは切実です。

酒井 嬉しいことではあるんですけど、僕、テレビで、ドッキリや過酷なことをすることが多く、ヘンテコタレントになりつつあるので、ちゃんとコントができるところを見てほしいです。このままじゃ危なかったです。ヘンテコタレントで終わるところでした。

――出演してみたい番組は?

林田 『キングオブコントの会』(キングオブコント歴代王者らが集って6月にTBSで放送されたバラエティー特番)がすごかったじゃないですか。優勝して出たいです。先輩ですけど、同じ世代のハナコの秋山(寛貴)さんが、松本(人志)さんとコントされていて、めちゃくちゃ興奮したので、ひとつの目標ですね。

酒井 本当のこと言っていいですか? 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出たいです(笑)。僕、ラップの活動もしているんですけど、『キングオブコント』の時期に入る前は、ネタ帳にリリック(歌詞)を書いていたくらいラップのことしか考えられないときがあって……。だから、コントはもちろん、音楽もできるぞってところは見せたいです。

林田 最高の余生だな(笑)。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

キングオブコントをとるか、サングラスをとるか


――予選での手応えは?

酒井 林田さんはネガティブなので、不安もあり期待もありな感じなんですけど、僕は、前向きな気持ちを持っているので、準決勝が終わったあとも“よしよし出し切ったよ。行くんじゃねーか?”って思っていたんですよ。でも、マネージャーがすぐに「来年がんばりましょう!」って言ってきて……。それが許せなくてね! 俺はね、(近くにいたマネージャーを指差し)こいつを変えたいです!

――(笑)

林田 何年か連続で負けていると、記憶が蘇って弱気になっていたんですけど、いままでの予選と違って、明らかに(ウケが)よかったと思います。あとは決勝でぶちかますだけ。マネージャー以外は自信あります(笑)。

――最後に意気込みをお願いします。

林田 芸人になって、“自分はここにいるんだぞ”って知ってほしい毎日でした。ちょこちょこ出させてはもらっていましたけど、そこが満ちることはなかったです。決勝で優勝できたら、“ザ・マミィって芸人がいるんだ”って知らしめられる。いまは“うぉー! ここにいるぞー! 見てるかー!”という気持ちです。

酒井 僕は、悲しい学生時代を送ったり、おカネの面で苦労したり、恋愛でも報われなかったりがあって、どうしても弱い人間になりがちなんですよ。いま、そうなっている人たちに、僕を見て勇気をもってもらえたら嬉しいです。あと、僕、東京の目黒区出身なんですけど、目黒区の人はみんなサングラスをかけているんですよ。

林田 そんなことないよ(笑)。

酒井 僕も前はかけていたんですけど、岡野さんから「お前みたいなものがサングラスをかけるな。『キングオブコント』をとるか、サングラスをとるか選べ」って言われて、そこで僕は『キングオブコント』をとりました。優勝したらサングラスをかけて生活するのが野望です。

林田 バカ意気込み(笑)。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ