野球のファウルボールを捕って喜ぶ少年 次の瞬間? 「感動して涙が出た」

grape

@Cut4
アメリカのメジャーリーグベースボールの試合では、ホームランボールやファウルボールを持ち帰ることができます。

球場では飛んできたボールをキャッチしようと、グローブをはめて試合を観戦するファンが大勢いるほど、ボールを欲しがる人は多いのです。

10歳のアーロン・プレスリーくんは、フィラデルフィア・フィリーズの大ファン。

アーロンくんは、2021年9月に行われたフィリーズの試合を父親と一緒に観ていました。

すると彼の座席のほうへ、ファウルボールが飛んできたのです。

ボールを手に入れた少年が向かったのは…?

ファウルボールはアーロンくんのすぐそばに落ち、彼はすかさずそのボールを拾いあげました。

「捕ったよ!」というように、嬉しそうにボールを頭上に掲げ、父親とハイタッチをするアーロンくん。

ところがその直後、彼はボールを持ってどこかへ向かって行きます。

何が起きたのかはこちらをご覧ください。

実はアーロンくんがボールを拾った時、すぐ近くに座っていた7歳のエマちゃんも、ボールに手を伸ばしていました。

ところがタッチの差でアーロンくんが拾い、エマちゃんは泣き始めます。

そんな彼女に気付いたアーロンくんは、ためらうことなくエマちゃんにボールを譲ってあげたのです。

このシーンを見ていた試合の解説者は「なんていい奴だ」と感心し、動画にはアーロンくんに称賛の声が殺到しました。

・思いやりのある少年だ。フィリーズは、彼にバットをプレゼントしてほしいよ。

・感動して涙が出た。彼は素晴らしい紳士に成長しそう。

・彼のお父さんの誇らしそうな表情もいいね。

この話には続きがあります。海外メディア『CBS Philly』によると、エマちゃんはアーロンくんにお礼をいって、2人は一緒に記念写真を撮ったのだそう。

また、フィリーズのスタッフがアーロンくんを見つけて、彼に別のボールをプレゼントしました。

さらにエマちゃんの両親はアーロンくんに、フィリーズのグッズを購入できるギフトカードをプレゼントしたということです。


試合を観戦中に、運よくファウルボールやホームランボールをキャッチできる確率はとても低いでしょう。

そんな貴重なチャンスに恵まれたにもかかわらず、エマちゃんにボールを譲った心優しいアーロンくん。

きっとエマちゃんにとってこのボールは、一生の宝物になるはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典 @Cut4Young Phillies Fan Goes Viral After Giving Foul Ball To Crying Girl

当記事はgrapeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ