コロナにかかった人なら思わずうなずく「コロナあるある」

日刊SPA!

◆もはやコロナ経験者は珍しくない

日本国内の新型コロナウィルス感染者は、9月中旬時点で累計165万人を超えた。東京都や大阪府など、新型コロナが流行した地域では、感染歴のある人は珍しい存在ではなくなりつつある。

症状の差はあるものの、新型コロナ経験者は共通の「あるある」を経験しているとのことで、SNSで発信している人も多数見受けられた。果たして、新型コロナ感染者はどういった「あるある」を経験しているのだろうか。

病状の経験談だけでなく、周囲から聞かれることや感染発覚後の気持ちの変化などを、実際に新型コロナウィルスに感染した漫画家のハッシー橋本氏に伺った。日刊SPA!で連載中の漫画『マンガで稼いだカネを怪しい投資にブッ込んでみた』の著者であり、重症化してECMOの一歩手前までいったという壮絶な経験をした橋本氏は、その体験を日刊SPA!で『コロナ重症化で集中治療室から生還したマンガ家、実体験を描く』と題しマンガ化。

そんな橋本氏は罹患した後、様々な「コロナ感染者あるある」に直面したそうだ。今回はそんなコロナ感染者しかわからない、「コロナあるある」についてハッシー橋本さんに語ってもらった。

◆コロナになったマンガ家が語る「コロナあるある」とは?

・かかったことない奴がTwitterで偉そうなことぬかしてると片腹痛い

有識者やお医者さんの話は聞いていられるけど、メディアから聞きかじったことを偉そうに語っているヤツは『かかってから言え!』と思ってしまう。注意喚起のつもりかもしれないけど、変な角度からコロナを語るのは正直片腹痛い!

・めっちゃキツいので、無症状とか嘘だと思う

「陽性だけど無症状」というのは過去の話。デルタ株に書き換えられた今、ほとんどの人は症状が出ると思う。でも子供は無症状のパターンが多いから、家庭内感染が広がったのかなと。

新型コロナの感染者と聞くと親近感が湧くんだけど、いつ感染したかによってジェネレーションギャップみたいなものを感じる。同じ新型コロナ感染者でも、一期生(初期のコロナ)と三期生(デルタ株)とでは全然違う。無症状で陽性というのは、今はほぼないと思った方がいいんじゃないか?というくらい「コロナ感染したけど無症状」って言葉が虚しく聞こえるツラさ。

◆陽性反応宣告、味覚、みんなの声

・陽性反応出た瞬間は結構絶望する

高熱が出ていて味覚もおかしくなって、もうこれは新型コロナで間違いないんだろうな……と。そう思って受けたPCR検査でも、いざ「陽性です」と言われると相当なショックを受けるもんです。

8割、いや、これはもう9割以上の確率で陽性だと思っても、1割くらいは陰性の期待をしているというか。ハンコを押されて確定される絶望感は、かかったことある人しかわからないだろうなぁ……。

・みんな認識甘いなーと思う(自分もそうだったくせに)

人の話を聞いていたり街に出歩いている若者をみると、認識の甘さを感じる。オレは感染前と別人になったかのように認識が変わった。手の消毒も必要以上にして、1人だとしても換気の悪い店には行かない。人と話すときも口に物運ぶとき以外はマスクをする。

ちょっとした気の緩みが命を落とすリスクを生んでしまうということを、もっと理解したほうがいいと思う。重症化すると本当に恐ろしいから、感染対策はみんな徹底してほしい。

・味覚ついての質問が一番多い

感染後に聞かれることで一番多いのが味覚障害について。やはり日本人は食に対して重きを置いているんだなと。重症化してツラいところから回復して、一番最初に口にしたのが氷なんだけど、微かに氷の味がしたことが嬉しかったな。

それとその数日後にした歯磨きで、歯磨き粉の味がめちゃめちゃおいしかった。こんなにサッパリしてるんだ!と思って、そこから歯磨きにハマってしまった笑。今は普通になったけど、あのときは嬉しかったなぁ。

◆不安な自宅療養

・自宅療養の不安感ハンパない。一人暮らしだったらなおのこと

入院先を探すのが難しいと言われた時期があって、オレはそのピークの少し前だったから入院できたけど……。熱が40度出て、倦怠感がめっちゃあって、最後の望みが入院なわけだけど、それもダメだとなると絶望的になってしまう。

オレとしては、自宅療養中の一番ひどいときに救急車呼んで、まず救急隊員がきたことにホッとした。そして2時間後に入院できるとさらに聞いてホッとした。

藁をも掴む思いで自宅療養しているわけだから、救急車が来ないとか入院先が見つからないというニュースを見た自宅療養者は不安でたまらないと思う。もし身内で自宅療養者がいたら、頻繁に連絡とって、食べ物を届けてあげてほしい。それだけで不安感はだいぶ解消してあげられると思う。

・コロナをナメてるヤツめっちゃ腹立つ

コロナは風邪とか言ってる人間は無視していい! メディアには絶対に出るな‼︎ 以上!

文/ハッシー橋本

―[ハッシー橋本のコロナ体験記]―

【ハッシー橋本】

愛知県出身の漫画家。パチンコ・パチスロ漫画を中心に活躍し、‘15年より月刊ヤングマガジンで連載を始めた『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ『中間管理録トネガワ』が大ヒット。サウナとビールの愉悦を描いた『極上!サウナめし』はサウナ好き必見の一冊 Twitter @hashimotosan84

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ