計算づくしのバランス感を◎ 骨格にマッチした【最旬ミディアムヘア】スタイル作りのコツ

beauty news tokyo


清潔感があってオンナらしくキマるミディアムヘア。セミロングと混同されやすいですが、厳密には“肩の上から鎖骨あたりまでのレングス”のスタイルを指します。そんなミディアムヘアでさらに美人度を高める鍵が“骨格とのバランス感”です。それでは骨格にマッチした最旬スタイルを作るコツをチェックしておきましょう。

骨格をカバーしたい方こそ“ミディアムヘア”が◎


髪流れや毛先ニュアンスでフェイスラインのカバーやシルエットのコントロールがしやすく、さらにはトップのボリュームを出しやすいことのがミディアムヘアの魅力。頬骨やエラ、あご周りなどの骨格にコンプレックスのある方に最適なスタイルです。



長めの前髪をナチュラルにサイドに馴染ませつつ外ハネで仕上げたスタイルは、毛先の角度に変化をつけることで顔周りのボリューム感をコントロール。ナチュラルにフェイスラインをカバーでき、小顔効果抜群です。なお、前髪なしのスタイルが好みなら、トップにボリューム感を出しつつ毛先ニュアンスでフェイスラインを絶妙にカバーしましょう。

顔の細見えを狙うなら“縦ラインを強調する”スタイル作りを


顔をより細く見せたい方は“縦ラインを強調する”ことが鉄則。最も簡単なアプローチが“前髪を作らない”ことになります。



おでこを思い切り見せることで縦長感がグッと高まり、顔全体の印象を細く見せることができます。また、自然と大人感を醸せるので、カジュアルからコンサバまで幅広く対応できるのも魅力です。一方、前髪を作るなら、ストレートベースのスタイリングを施して輪郭をぼかしましょう。前髪に分け目をつくって縦のラインを入れることがポイントです。

顔が細長い方は“前髪アレンジ”で理想の卵型に


顔が細長くてミディアムヘアが似合わないと感じているなら、ズバリ“前髪アレンジ”で顔幅を横に広く見せて理想の卵型に近づけましょう。



採り入れたいのが横幅を強調する前髪をつくること。それだけで顔の細長い印象を和らげ、全体のシルエットのバランスを整えることができます。また、前髪を気持ち厚めに設定するのもポイントです。なお、前髪なしのスタイルであれば、サイドにボリュームを出すことで全体のシルエットを“ひし形”に仕上げましょう。

計算づくしのバランス感を演出するコツを押さえておけば、ますます自分の骨格にマッチした最旬スタイルが見つかります。ぜひ参考に個性や魅力を一層引き出す最旬スタイルでおしゃれを格上げしてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ