お笑いトリオ・モシモシ、太田プロの先輩芸人をめぐり「上島竜兵さんと飲みに行きたい」「仲良くしたい」と明かす

Quick Timez


9月26日、東京・西新宿の関交協ハーモニックホールにて開催する太田プロダクションの主催ライブ「日笑vol.7」で、松竹芸能との事務所対抗バトル「事務所対抗戦 ~太田プロVS松竹芸能~ 」が開催されます。

当編集部では、同ライブに太田プロダクションを代表して参戦するトリオ・モシモシの3人に独占インタビューを敢行。

意気込みやお笑いに対する思いなど、お話を伺ってきました。

本記事では、前・後編の後編をお送りいたしますので、前編をご覧になってない方はこちらから。

モシモシ、太田プロの先輩芸人をめぐり「仲良くしたい」


ーーこの番組に出演したい、あるいは共演してみたい方はいらっしゃいますか?

まぐろさん:出たい番組は、やっぱ「有吉の壁」ですかね?

いけさん:やっぱり今コント師で、テレビで活躍するっていう時に、真っ先にみんな考えているのは「有吉の壁」なんじゃないかな~って。

トークとかって、漫才師の方が注目されると思うんですけど、コント師がテレビに出ていくって時にネタ番組以外ってなると、やっぱ「有吉の壁」が真っ先に出てきますね。

まぐろさん:友達とかからも「自分がテレビ出る」って言った時に、「何?有吉の壁?」、「有吉の壁出ないの?」とか、死ぬほど言われて…。

逆に「有吉の壁」の視聴率すごいなって思って、あれは憧れの番組ですね。

あきちゃんさん:有吉さんに存在を知ってもらいたという思いもあって…。

いけさん:まだ、ご挨拶もできてない状態なんで…。

僕、個人的になんですけど。「オールスター感謝祭」に出て、マラソンで優勝したいっていう夢がありますね。



ーーマラソンが速いんですか?

まぐろさん:すごい速いです。

前、ハリー杉山さんが優勝してたらしいんですけど、その優勝したハリー杉山さんよりもタイム的に速いらしんですよ。

いけさん:常連ランナーになりたいですし、太田プロの先輩もノッチさんとか、タイムマシーン3号の山本さんとか出てらっしゃるのでその流れに乗って僕も…

あきちゃんさん:キモイな~(笑)。

まぐろさん:そのためには、「無名のよく分かんないやつが優勝したぞ」ってならないように、モシモシが一回有名になっておかないといけない(笑)。

あきちゃんさん:優勝すんなって感じだもんね(笑)。

いけさん:無名芸人が優勝するのが一番醒めるので、そこだけは避けたいので、有名になってから出たいっていうのはありますね。

まぐろさん:共演したい人は、先輩がどうのこうのっていうより、今一緒にライブシーンで活躍をしているところとか、それこそウチの事務所で「青色1号」とか、そこら辺と一緒になんかテレビ出たいというのはありますね。



ーー同世代の仲間たちと一緒に?

まぐろさん:そうです。

一緒に出て活躍したりとかして、同じ世代とか仲の良いところとかで「やったね」っていう気持ちになりたいですね(笑)。

ーートリオとしての目標などはありますか?

まぐろさん:これはちょっと考えたんだけどな~。

きっと3人で、ネタはやってると思うんですよ、年1で単独ライブとか。

年1でライブとかはやりながらも、3人で冠番組持ちたいとか絶対ないと思うんですよ。

いけさん:「モシモシの〇〇」っていう番組を持っている未来があんまり見えないんですよ。

まぐろさん:あってもいいよね?(笑)。

いけさん:あるに越した事はない(笑)。

まぐろさん:それをゴリゴリに3人で回して行きたいねとかはなくて、なんか、それぞれでやりたいことが絶対あるんですよきっと、いけだったらドラマとかそういうの興味あると思うんで…

いけさん:マラソンだけどね(笑)。

まぐろさん:まぁ、ネタをやりながら、それぞれがやりたいことやってるんだろうなって思いますね。

いけさん:3人の結成した原点が、ネタがやりたいっていうところだと思うんで、そこは多分揺るぎなく一生やり続けていくんだろうなと思いますね。



ーーネタ特番とかライブにはこだわりはないですか?

あきちゃんさん:ネタ特番には出たいかな~。

まぐろさん:「東西ネタバトル」とか「ENGEIグランドスラム」とか出たいですね。

そういったネタ特番でお馴染みで、ずっと出るような人たちにはなりたいかなと。

ーーライバル視している芸人さんなどはいますか?

あきちゃんさん:「青色1号」は、同じトリオですし、私は完璧に同期で、友達でもありライバルでもあり、仲間でもあり…。

まぐろさん:お互い意識はしていると思います。

いけさん:「青色1号」も表面には出さないけど、内心多分めちゃくちゃ僕らがテレビとか出たりするのは悔しいんじゃないかな~と。

まぐろさん:こっちも、「青色1号」が収録あっただとかいう話を聞くと、「何のテレビ出たんだろ?」ってめっちゃ気になりますね。

いけさん:僕は、「Gパンパンダ」とか「まんぷくユナイテッド」は大学時代からの同学年で、一緒にやってきた仲間なので、もちろんめちゃくちゃ応援してますけど、やっぱそこよりも一手先に行きたいなっていう気持ちは常にあります。

まぐろさん:大学の時の同期がそれぞれいるんですけど、その同期のなかで先頭を走っていたいなという思いはありますね。



ーー太田プロの芸人さんで仲の良い人はいますか?

まぐろさん:僕たちが太田プロに入った経緯が、ヤマザキモータースさんっていう方に、「事務所決まってないんだったらどう?」って言われたので…。

事務所ライブがG5ってところからG1っていう位が5段階であるんですけど、普通、事務所の人しか出れなくて…。

ネタ見せみたいなのをやってて、事務所に参加してないフリーの人でも出られますよってなってて、そこから僕たちが出してもらって、ポンポンポンって上に上がって。

そのタイミングで「おもしろ荘」のオーディションとががあって、僕たちが最終選考まで残ったタイミングで急に太田プロに囲われて、「君たちはもう太田プロだよ」みたいな(笑)。

そんな入り方だったんですよ。

本来って、養成所1年通って事務所に入るパターンが多いので、僕たち途中参加なんですよ。

あきちゃんさん:あんまり仲良い人はいないですね。

まぐろさん:途中参加組がいっぱいいれば、よかったんですけど、本当にいなくて。

本当に同期とかがいないんですよ、芸歴同期はいますけど…。

そんな中でポンポンポンって急に「モシモシ」って名前が事務所ライブの結果に入り始め、そのタイミングで一番上クラスのライブまで行きそうなった時に、コロナになって緊急事態宣言が出て…。

先輩とかにも会えずちゃんと挨拶できないまま、オーディションとかが決まったりなんかして、先輩たちからも、「あのモシモシって奴ら何なんだ?」「挨拶もないし誰だ?」みたいな…、だから先輩との繋がりも本当にないし…。

あきちゃんさん:大学お笑い出身の、「さすらいラビー」さんとか「ストレッチーズ」さんとかは、元々知り合いで、先輩ですし仲良くはさせてもらってるんですけど。



ーー「アメトーーク!」で上島竜兵さんが20代の後輩ばかりと飲んでいるというエピソードもありましたが…?

3人:それは、ストレッチーズの福島さんですね。

まぐろさん:俺たちは、さすらいラビーさんとかストレッチーズさんより上の層の方と絡む機会が本当にないですね。仲良くしたいです。

3人:太田プロの人たちと仲良くなりたいですね。

あきちゃんさん:アルピーさんとかも、何回かご一緒してるんですけど、もう私たちのこと忘れてると思います。

アルピーさんの生活の中に「モシモシ」って言葉はないかなって思います(笑)。

いけさん:ガッツリね?仕事でご一緒して「飲み行きたいです」って言える関係性まで持って行きたいですね~。

まぐろさん:ストレッチーズの福島さん以外、竜平会というか上島さんと飲みに行ってる人はいないですね。

あきちゃんさん:アルコ&ピースの酒井さんの軍団とかも、締め切られている感じあるもんね。

若手芸人を囲ってるらしんですけど、そこにも入ってないんですよね(笑)。



ーー最後に事務所対抗ライブについてお伺いします。選抜された時のお気持ちは?

まぐろさん:勝手に事務所に選ばれましたね(笑)。

いけさん:「あなたたちが選ばれました」っていうメールだけ来ましたね(笑)。

コントを代表して戦わせてもらえるのは、光栄だなって思いました。

まぐろさん:確かに!コントやってる人は事務所に他にもいますからね~。

あと、対戦相手が「チャコールゾーン」っていう芸人なんですけど、俺は唯一知ってて…。

デジモンカードの仕事やってるんですけど、それで共演してるんですよ。

俺以外の2人「誰それ?」って思ってたんですけど、俺だけ1人メラメラ燃えてて。

デジモンのカードバトルでは負けてるんですけど、お笑いでは負けないぞっていうのをみせたいですね(笑)。

ーー太田プロを代表して戦うと思うのですが、意気込みはありますでしょうか?

あきちゃんさん:事務所対抗戦にはにつかわしくない、早すぎる昼の時間帯に開催されるっていうのが、ちょっとみんなの熱気も多分そんなない時間帯だと思うんで、みんなの忘れた闘志を呼び起こして、どうにか太田プロダクション側の士気を高めたいですね!!

いけさん:「ほぐし水」は分からないですね(笑)初めての仲間と共に戦うんで…。

対戦カードを見ると森本サイダーさんとか、ブリキカラスさんは、同じライブとかでやることが多いので負けたくないですね。

まぐろさん:3勝2敗で太田プロな気がしますね(笑)。

いけさん:誰が負けるの?(笑)。

まぐろさん:「ほぐし水」がちょっと、知らなすぎるから…(笑)。

いけさん:知らないのに言うなよ!!(笑)。

あきちゃんさん:「ほぐし水」ってコンビニで買ったざるそばとかに付いてるやつだよね?(笑)。

いけさん:やっぱり太田プロのホームでやるライブなので、そこは圧倒的に僕らが勝って、けちょんけちょんにしてやらないと!

あきちゃんさん:ストレッチーズさんにも勝って欲しいですね!

▼モシモシのプロフィール



名前(左):まぐろ

本名:坂野良樹(さかの よしき)

生年月日:1994年8月24日

出身地:山形県

血液型:A型

趣味/特技:デジモンカード・激辛料理を食べる

名前(真ん中):いけ

本名:池田佳弘(いけだ よしひろ)

生年月日:1992年11月4日

出身地:群馬県高崎市

血液型:A型

趣味/特技:ドッジボール(関東大会ベスト8)/ランニング・長距離走

名前(右):あきちゃん

本名:松井亜樹(まつい あき)

生年月日:1993年5月13日

出身地:東京都

血液型:A型

趣味:カレー屋めぐり/日向坂46

特技:日向坂46の雰囲気ものまね

お笑いトリオ・モシモシ。ツッコミのまぐろ、ボケのいけ、あきちゃんからなる男女トリオ。

シチュエーションや設定にもこだわりを見せ、女装したまぐろがいけとあきちゃんのやり取りから生まれるボケにツッコムというスタイルで革新的なコントを魅せる、今注目の若手芸人。

「事務所対抗戦 ~太田プロVS松竹芸能~」詳細


モシモシの3人も出演する、事務所対抗ライブ「事務所対抗戦 ~太田プロVS松竹芸能~ 」。

松竹芸能と太田プロダクションを代表する若手5組が雌雄を決する同ライブは、お客さんの投票によって勝敗が決定します。

日時:2021年9月26日(日) 11:00開場/11:30開演(12:30終了予定)

会場:関交協ハーモニックホール

住所:新宿区 西新宿7-21-20 関東交通共済協同組合ビル地下2階

チケット:前売り¥1,000-(当日¥1,200-) ご予約はコチラから!

出演者:

【松竹芸能】

カップルノテイ/森本サイダー/チャコールゾーン/大藤須山/ブリキカラス

【太田プロダクション】

ほぐし水/ムカイワンダーランド/モシモシ/ジョウダンアオナナテンパイ/ストレッチーズ

対戦カード:

1:芸歴一年目対決…カップルノテイVSほぐし水

2:ピン芸人対決…森本サイダーVSムカイワンダーランド

3:コント対決…チャコールゾーンVSモシモシ

4:漫才対決…大藤須山VSジョウダンアオナナテンパイ

5:大将戦…ブリキカラスVSストレッチーズ

(文・取材:Quick Timez 編集部)

(撮影:RYOUSUKE MAEJIMA)

当記事はQuick Timezの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ