「俺の彼女に手出さないで!」冷静に見える彼が嫉妬するスイッチはココ!

ハウコレ



普段嫉妬しないで平静を装っている彼でも、ひそかに嫉妬してしまうスイッチがあります。彼女には見せられないけど、実は嫉妬していることって、意外とよくあるんですよ。

たまには嫉妬してほしいな......と思ったときにチェックしたい、嫉妬してしまうスイッチを一緒に見ていきましょう。

■楽しそうに他の男性と話している
「彼女のこと信用してるから、他の男と話していても気にならない」と言っていても、強がっている男性に限って、さりげなく嫉妬していることがほとんど。

彼ではない男性と楽しそうに話していて、何も思わない男性はいないと言っても言い過ぎではありません。

何も考えていないような表情をしていても、内心は嫉妬心メラメラ!俺のいないところでしゃべってくれ!他のところに行って!と、自分では処理しきれない感情でいっぱいになっています。

■他の男性に頼っているとき
好きな女性に頼られて、「やっぱりすごいね」と言ってもらいたいのが男心。彼女が困っているときは、自分が力になりたいと思うのは、彼氏としては自然な気持ちです。

ところが、他の男性に頼って問題を解決してもらっているところを見ると、「どうして俺に頼らなかったんだ!」と、嫉妬していることも。

俺でも解決できたのに!ということを他の男性にされるのは、男のプライドが許さないのです。

彼の前で他の男性に頼ることで、喧嘩の火種になることもあるので、気を付けたいところですね。

■元カレの話をされる
普段の会話で何気なくしていることでも、元カレの話だけは耐えられないという男性がほとんど。「昔の男と比べられているような感じが嫌」「もっと俺が上を行ってやる!と思う」など、メラメラしてくるようですよ。

彼に嫉妬してもらいたいときに、元カレの話をするのは手っ取り早いですが、たくさんやりすぎると彼の心が離れていってしまうことに......。

どうしても嫉妬してほしいときに元カレの話をしたり、ここぞというときに使ってみる作戦です。

誰でも過去の恋人と比べられるのは、闘争心が沸きますよね。もし元カレの話をしても、彼が1番好きであることは、必ず伝えるのがポイントです。

■彼の嫉妬スイッチを上手に使い分けよう!
普段嫉妬しない彼だからこそ、嫉妬してほしいと思うことってありますよね。嫉妬してもらえると、「こんなに私のこと好きなんだ」と、安心することもできるでしょう。

冷静を装っている彼に限って、嫉妬のスイッチはすぐに入ることがほとんど。

もし彼に嫉妬してほしいときは、ここでお伝えした嫉妬スイッチを入れて、愛されていることを体感してみるのもいいでしょう。

もし彼を嫉妬させたら、ハグなどをして、彼に「大好きだよ♡」と、しっかり愛情表現をしてくださいね。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ