うるとらブギーズ、マヂラブ3冠阻止狙う「純コント師として…」【キングオブコント直前①】


コント日本一を決める『キングオブコント2021』(TBS系)が、10月2日(土)に放送されます。ルール変更によって即席ユニットの参加が解禁されるなど、予選から話題たっぷりだった今回の大会で、決勝の舞台に立つのは10組。いよいよ迫る決勝に向けた直前インタビューの初回は、3年連続の決勝進出を決めたうるとらブギーズ(写真左から佐々木崇博、八木崇)に意気込みを聞きました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

決勝メンバーは、うるとらブギーズ、蛙亭、空気階段、ザ・マミィ、ジェラードン、そいつどいつ、男性ブランコ、ニッポンの社長、ニューヨーク、マヂカルラブリーの10組。

昨年に引き続いてコロナ禍での予選となった今回のキングオブコントは、14回目にして即席ユニットが解禁され、人気芸人同士がタッグを組んだ“目玉コンビ”が参戦するなど、激動の大会となりました。栄冠を勝ち取るのはいったい誰なのか――ファイナリストたちの熱い思いを連続インタビューでお届けします。

今年がいちばん怖かった


――3年連続3回目の決勝進出ですが、心境に違いはありますか?

佐々木 3年連続ということでハードルは高くなるかもしれませんが、いちばん嬉しいです。毎年、全力でネタを作って(大会が終わると)ゼロからやっていますが、それが実ったというか……すごいことをしたんだなと思いました。

八木 今回はユニット参加もありましたし、テレビに出ている人も参戦されていたので、そこに果たして勝てるのか……毎年、怖いんですけど、今年がいちばん怖かったです。決勝進出と聞いたときは、むちゃくちゃ安堵しましたね。

――2回出ているからの強み、成長した点を教えてください。

佐々木 毎回チャレンジャーではあるので、“決勝に2回行っているから”というのは、あまり関係ないですね。成長した点としては、いままで予選の期間になると、精神的に気を張りすぎてしまって、落ちているゴミを拾ったり、あまり寝過ぎないようにしたり、“少しでも悪いことをしないように”と心がけていたんですよ。(今回は)そのあたりはなくなったかもしれないです。いつも通り、ふつうの生活をしていました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

八木 そうなんだ。オレ、(徳を積むことは)メチャメチャやったわ。今回、行かせてもらうのが3回目なので、TBSのトイレや喫煙所の場所を知っているのは強みだと思います。みんなに教えられますしね(笑)。
芸人の面で言うと今回、披露するコントは、いちばん僕らっぽさを出したネタかもしれないです。最近、“うるとらブギーズっぽいネタだね”って言われることが多くなっているなかで、(決勝のネタは)特に自分たちらしいコントなのかなと思います。

――気になるメンバー、ライバルは?

佐々木 みんな気になりますけど、男性ブランコですね。ここ3~4年、一緒に『キングオブコント』チャンピオンを狙って『優勝』と題したコントライブをやっていますし、(プライベートでも)ごはん行ったり、お風呂行ったりして仲がいいんですよ。

八木 オレも行ってるよ。

佐々木 いや、「オレだけ行っている」とか「オレのほうが好き」とか言っているわけじゃないから。

八木 「自分だけ行ってる」みたいな言い方だったけど、俺も行ってるから。

佐々木 もういいよ(笑)。男性ブランコは、僕らからすれば一流のコント師なんですけど、『キングオブコント』でいい結果を出せていないことがコンプレックスだったらしいんですよ。今回、決勝に出ましたけど、僕のなかで“今年、男性ブランコが決勝に行きそうだな”って思っていたので、そのとき僕らが一緒にいなかったらイヤだなと思っていました。とりあえず、ファイナリストになれてよかったです。
男性ブランコの単独ライブは毎回行くくらい好きで、もちろん面白い。認めているからこそ負けるわけにはいかないので、バチバチに戦って勝ちたいなと思います。

八木 みなさん強敵ですが、ずっとお世話になっていて、一緒のライブにも出ているマヂカルラブリーさんですね。(『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』とあわせて)3冠を狙っていらっしゃいますが、そこは“純コント師”として阻止したいです。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

後輩に挨拶されるようになった


――コロナ禍での戦いで「いい部分」「悪い部分」など、感じたことは?

佐々木 お互いの表情が見えないので、マスクをしながらのネタ合わせはしんどかったですね。

八木 吉本は劇場があるので、その点は助かったなと思います。安全な対策をとってお客さんも呼んでいますし、そこは反応を見ながら調整できたと思います。

――過去2回決勝に出場した『キングオブコント』ですが、生活に変化はありましたか?

佐々木 過去2回出られたことで、お笑いだけで稼げるようになったんですけど、優勝しないとガラッと変わらない。そこは優勝を目指したいと思います。

八木 2019年に準優勝して、そこから後輩に挨拶されるようになったんですよ。でも、去年最下位だったからか、ちょっとずつ挨拶されなくなってきて……。今年は優勝していっぱい挨拶されたいです。

――(笑)。意気込みをお願いします。

佐々木 『キングオブコント』のセットでネタをやれることが楽しくてしょうがないので、早くあれを味わいたいですね。またワクワクしたいです。

八木 緊張するとは思いますけど、「(コントを)いちばん楽しそうにやっているね」って言われるくらい、楽しくやれたらなって思います。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

【プロフィール】
NSC東京10期。ヨシモト∞ホールの看板芸人「ムゲンダイレギュラー」(20組)でもある。佐々木は オリジナルソング弾き語りを得意とする(2020年4月現在で180曲作曲中)。キングオブコントでは、2019年に準優勝、2020年に10位と3回連続決勝進出。2021年には「ムゲンダイチャンピオンシップ~2021 SUMMER~」で1位となった。公式YouTube「うるとらブギーズ」ではネタのほか、佐々木の弾き語りや八木わらっちゃう企画も行われている。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ