こんなにかわいくて550円! マジョマジョ単色シャドウ全23色紹介



メイク初心者からコスメ好きまで、幅広い層から支持を集めている「マジョリカ マジョルカ」。数年前までは、ファンタジックな独特の世界観も相まって若年層を中心に人気でしたが、ある商品の新色をきっかけに大人の女性の間でも熱が再燃しています。

それが「シャドーカスタマイズ」! 2004年からのロングセラーを誇る単色アイシャドウです。発売当初は鮮やかなカラーが展開され、しばらくは新色がほとんど追加されずに販売されていましたが、2018年に久しぶりの新色が登場。そのシリーズがSNSで話題になり、その後は定期的に新色や限定色が発売されるようになりました。

そんな流れを経て、「シャドーカスタマイズ」は今や全23色展開。ビビッドカラーから今っぽいくすみ色まで幅広く揃っていて、どれを買えば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回はマジョリカ マジョルカ「マジョリカ マジョルカ」を全色詳しくレビューしていきます。

■マジョリカ マジョルカ「シャドーカスタマイズ」の魅力は?

「シャドーカスタマイズ」最大の魅力は何といっても色展開の多さ! メイクのポイントとなるビビッドカラーから、毎日使いやすい馴染み色まで揃っています。質感も豊富で、マットタイプやラメ、偏光パールなど多彩な仕上がり。

粉質も良く、粉飛びを気にせずに1日中鮮やかな発色が続きます。

\色展開はこちら/

・GR162

・YE232

・PK421

・RD422

・OR481

・VI482

・BK922

・WT963

・BE121

・BE203

・BE286

・BE330

・BE384

・BR331

・BR332

・BR583

・BR665

・BR703

・BR784

・OR300

・PK300

・RD303

・GD822

■マジョリカ マジョルカ「シャドーカスタマイズ」全23色を塗り比べ!

今回は全23色をいくつかのカラーグループに分けて紹介! 目的に合った色を探してみてくださいね。

◇メイクのポイントに! 鮮やかなカラー

まずはお休みの日に使いたい、ビビッドな8色を紹介していきます。

☆GR162 青いバカンス

微細パール入りのエメラルドグリーン。しっかり色が出るので、お休みの日向けです。

細いチップなどでライン上に入れるときれい! 夏に使いたくなるようなカラーですね。

☆YE232 カナリヤ

マットタイプのレモンイエロー。奇抜な色に見えますが、肌に乗せると意外となじみます。

色味をはっきり出したい時はチップで入れると良いでしょう。その他にも、手持ちのアイシャドウとMIXしてニュアンスチェンジするのもおすすめです。

☆PK421 貴婦人

ポイント使い向きの鮮やかなピンク。明るくはっきりしたカラーで、ライン状に入れると目が際立ちます。

ブラシで薄くぼかしてふんわりと発色させることもできますよ。

☆RD422 熱情

ピンクに近い、鮮やかなライトレッド。少し前に話題になった「ぴえんメイク」にも使えそうです。

アラサー女性が使うなら、上まぶたにピンポイントで入れるのがおすすめ! 下目尻に入れてもかわいいですが、ギャルメイクっぽく見えてしまうこともあるので注意しましょう。

☆OR481 マリー

ジューシーなライトオレンジ。明るくかわいらしい印象です。

ミルキーなオレンジで、まぶたに広く伸ばしても腫れぼったく見えない! カジュアルな印象にしたい日にぴったりです。

☆VI482 トワイライト

スミレを思わせるライトパープル。微細なゴールドパールが繊細にきらめきます。

こんなに鮮やかなパープルをまぶたに使っても大丈夫? と思ってしまいますが、黄みを含んだカラーになっているため、塗ると意外となじんでピンクアイシャドウに近い仕上がりに。パープル系のアイシャドウをあまり使ったことがなくても手に取りやすいカラーです。

☆BK922 黒蜥蜴

最近では珍しいブラックアイシャドウ。ブルーやレッドなどの多色パールが入っていて艶やかに仕上がります。

アイライナー代わりに使うのがおすすめで、細いチップやブラシを使うと失敗しにくいですよ。

☆WT963 光る樹液

キラっと輝くパール入りホワイト。単色で使うというよりは、他の色と組み合わせて使うカラーです。

下まぶたに入れるとハイライト効果で目もとがパッと明るく! 涙袋もぷっくりとして見えます。

◇ぜひ1個持っておきたいベージュ系

次に紹介するのは5種類のベージュ系カラー。単色使いでも、グラデーションのベースとしても役立ちますよ。

☆BE121 恋の達人

ベースカラーとして便利な、マットなオフホワイト。

グラデーションをつくる前にアイホール全体に入れておくと、ファンデーションを塗ったようにまぶたの色味が整います。1個持っておいて損なしのカラーですよ。

☆BE203 綿菓子

ふんわり明るいライトピンクベージュ。まぶたの色をやさしくトーンアップしてくれます。

パール入りで立体感が出るところも魅力! 涙袋にもぴったりのカラーです。

☆BE286 ゴージャス婦人

偏光パールが入ったベージュカラー。パールのツヤの効果で、まぶた全体に広く入れると目が立体的に見えます。

涙袋に入れると自然なぷっくり感を楽しめますよ。

☆BE330 マサラチャイ

ラメ入りのオレンジベージュ。ベージュ系の中では比較的濃い色味で、単色使いにも向いています。

まぶたに乗せると自然になじみ、大人かわいい印象に仕上がりますよ。

☆BE384 コルク

シルバーパール入りのココアベージュ。ほのかにピンクを感じる色味で、ベージュが苦手とされるブルーベースの人たちから厚い支持を得ているカラーです。

ピンクブラウン系のカラーとの相性が良く、グラデーションのベースにぴったり。また、涙袋にも使える万能カラーです。

◇目もとに立体感をもたらすブラウン系

アイシャドウといえばやはりブラウンが定番カラーですよね。ニュアンス違いのブラウンを6色紹介します。

☆BR331 シナモン

ゴールドラメ入りのオレンジブラウン。単色でもしっかり陰影がつく便利色で、グラデーションに使うならメインカラー向きです。

肌トーンによってはオレンジというより赤みブラウンに近く発色する場合も。どちらかといえばイエローベースの人に広く似合いそうなカラーでした。

☆BR332 胡桃

名前の通り、胡桃を思わせるダークブラウン。シックな印象に仕上がります。

基本的にはグラデのメインカラーに使うのがおすすめですが、やわらかいブラシを使ってまぶた全体にふわっと入れると、ラメが際立ってきれいですよ。

☆BR583 テディ

流行が継続中の赤みブラウン。濃厚なカラーなので、締め色としての使い方がおすすめですが、ブラシでふわっと全体にのせてもOK。

ふんわりのせた後、まぶたの際にだけチップを使って重ねれば単色でグラデーションをつくることもできる便利色です。

☆BR665 ジンジャー

単色使いもできるイエローブラウン。赤みが控えめで目がすっきり大きく見えます。

ゴールドパールが美しく輝き、1色で立体感を演出できるカラーです。

☆BR703 コナ

締め色に便利な、多色パール入りのダークブラウン。目の輪郭を引き立て、ぱっちりと見せてくれます。

シアーな発色なので、濃厚な色でも目もとがキツく見えないのも魅力。アイラインを引くのが苦手な方は、このアイシャドウをアイライン代わりにしてみてはいかがでしょうか。

☆BR784 フォクシー

肌馴染みの良いダークブラウン。パールが控えめな質感で、肌トーンも選ばず使える色です。

まぶたに広く入れると自然と陰影がつき、メイク初心者でも簡単に立体感のあるアイメイクができますよ。

◇トレンド印象をつくるニュアンスカラー

最後にご紹介するのは、4つのニュアンスカラー。いつものメイクにプラスするだけで、垢抜けた雰囲気に仕上がります。

☆OR300 みちしるべ

カジュアルに仕上がるオレンジブラウン。2021年春夏の新色として追加されたカラーです。

職場でも使える馴染み色で、ほんのりオレンジニュアンスを足すことができますよ。

☆PK300 おつかい

赤みが強いシルバーパール入りピンク。パールの輝きがとても繊細な印象です。

ふんわりとした発色で、はかなげに見えるカラー。下まぶたにいれてもかわいく仕上がります。

☆RD303 すずめ

シックな雰囲気が出るレンガ色。どちらかといえば秋冬メイクに使いたいカラーです。

2021年の春夏はこれくらい深みのある赤をあえて温かい季節に使うのも流行っていました。大人の赤みメイクを楽しみたいメイク上級者向けの1色です。

☆GD822 ゴールデン

偏光パール入りのカッパー。偏光パールがたっぷり入っていて、ピカッと面で光るまぶたに仕上がります。

指塗りをすればよりツヤ感を強調でき、1色プラスするだけで目もとの印象ががらりと変わるアイシャドウです。

■マジョリカ マジョルカ「シャドーカスタマイズ」レビューまとめ

お値段以上の高品質アイシャドウ
ビビッドカラーからニュアンスカラーまで幅広いカラー展開
思わず複数買いしたくなる使いやすさ

マジョリカ マジョルカの「シャドーカスタマイズ」は1個550円と思えないほど高品質! これだけプチプライスなら、思わず何色も買い揃えてしまいそうですよね。

定番色からトレンドカラーまで手に入る「シャドーカスタマイズ」。今まで使ったことが無かった方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

・商品情報

マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ 全23色 各550円

(写真・文:照井絵梨奈/マイナビウーマン編集部)

当記事はマイナビウーマンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ