バーミヤンで麻婆豆腐を注文したら絶対にやってほしい食べ方 これはハマる…

しらべぇ




15日放送の『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)で、中華料理チェーン「バーミヤン」を特集。人気メニューのちょい足しアレンジが紹介されていた。

■濃厚な味が特徴の『武蔵野麻婆』




アレンジするのは、人気メニュー番付で8位にランクインした『武蔵野麻婆』(549円)。ほどよい辛さで、複雑な味が絡み合う濃厚なコクが特徴だ。



記者がバーミヤンに行った際に必ず注文するメニューで、何度食べてもウマい。セットで注文したチャーハンの上にかけて食べるのがとくに好きなのだが、バーミヤン公式のアレンジレシピが存在するという。

■まさかの組み合わせに驚き




それが、サイドメニュー『山盛りポテトフライ』(439円)との組み合わせ。



中華と西洋のコラボ…合いそうな気はするが、本当においしいのだろうか。この組み合わせを見ると「麻婆豆腐にポテトをつけて食べる」と想像するが…



小皿にポテトを盛り付けて、その上から麻婆豆腐を「かける」。これで、バーミヤン公式「マーボーポテト」の完成だ。

意外な食べ方を前に、ギャル曽根は「え~…ポテトの良さ!」と心配していたが、はたして…。

■このコラボ…意外とありだぞ!?




気になる味は…麻婆豆腐のとろっとした食感と、ポテトの食感が意外と合う。武蔵野麻婆の辛さも加わって、ポテトが一段も二段もウマくなるのだ。なんだかクセになる味で、どんどん箸が進む。これはハマるぞ…。

ご飯で食べるのとはまた違った味わいに、ギャル曽根は「『麻婆はご飯でしょ』と思ってたけど、ポテトも合う。ポテトがちょっとしんなりしてもホクホク感がおいしい」と絶賛し、「オススメですね!」と拍手していた。

■バーミヤンのちょい足しアレンジは他にも




「マーボーポテト」以外にも、番組ではさまざまなちょい足しアレンジを紹介。小皿に盛ったチャーハンと本格焼餃子に鳳凰水仙茶をかけると「餃子チャーハン茶漬け」が完成する。



しっかりと味の濃い餃子とチャーハンだが、鳳凰水仙茶が加わることで少し味が薄まってさっぱりと食べやすい味に。食べる前は若干の不安があったが、実際に試してみるとかなりウマいぞ。

詳しいレビューは「餃子チャーハン茶漬け」の記事でも紹介しているため、チェックしてみてほしい。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ