平成フラミンゴ、涙の登録者100万人突破 今後の活動も語る

モデルプレス

【モデルプレス=2021/09/22】“アラサー独身コンビ”としてYouTubeやTikTokで活躍するマルチクリエイター・平成フラミンゴの公式YouTubeチャンネルが22日、チャンネル登録者数100万人を突破。祝福の声が寄せられている。

◆平成フラミンゴ、登録者100万人突破に涙



平成フラミンゴは、同日「チャンネル登録者100万名ご来店の瞬間を皆の衆で迎えよう!?」と題したライブ配信を行い、100万人突破の瞬間を見守った。

配信から約30分が経過したとき、その瞬間を迎えた。100万人到達の数字を見た瞬間、2人は叫び涙を流し、涙で声も出ない様子を互いに見て笑い、「もっと可愛く泣こう」など平成フラミンゴらしいやり取りを公開。「ほんとにこの2人じゃなかったら無理だったな」とりほは話し、「ここまで変なこと出来るのりほだけ」とにこも伝えた。

9月11日に公開された動画「アラサーババァの体に異変が起きました」で、両名の体調不良により9月いっぱい活動を休止すると発表している2人。今後について「どんどん進化していく平成フラミンゴをみなさんにお届けしたい。また10月1日から開始しますのでよろしくお願いします」と伝えた。

動画ではそのほか、思い出を振り返る様子やそれぞれの母に電話する様子などが公開されている。

◆平成フラミンゴ、大台突破に祝福の声続々



ネット上では「おめでとうございます!」「2人の涙に感動して涙」「大好きです!!」「これからも応援し続けます!」などと祝福の声が続々と届いている。

また、中高生を中心に圧倒的な人気を誇るYouTuberユニット・スカイピースからはスーパーチャット(投げ銭)機能にて、テオくんは「おめでとう大好き」と祝福し、☆イニ☆(じん)は「おめでとう。2人組としてお互いに頑張ろ!!!!色々環境変わったかもしれないけど立派なライバルだよ負けないからね!!!!2人に出逢えて良かったよ!!!!」と熱い思いを寄せた。

◆“アラサー独身コンビ”平成フラミンゴとは



幼馴染の「にこ」と「りほ」で構成された平成フラミンゴは、“アラサー独身コンビ”として高い人気を誇るYouTuber2人組。

2020年4月から開設された平成フラミンゴの公式YouTubeは、ティーンを中心にチャンネル登録者数を増やし開設から約1年5か月で100万人を突破した。

動画内容は主にあるある系やドッキリ系の動画を公開しており、YouTubeだけでなくTikTokでも“バズリ”を見せている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ