『#家族募集します』モラルゼロの行動にドン引き「デリカシーないし非常識」

まいじつ

#家族募集します   仲野太賀  重岡大毅 
#家族募集します  仲野太賀  重岡大毅 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

『ジャニーズWEST』重岡大毅が主演の連続ドラマ『#家族募集します』(TBS系)第8話が、9月17日に放送された。視聴者たちからは、出演者のモラルのなさを指摘する声が相次いでいる。

主人公の赤城俊平(重岡)は、妻が不慮の事故で亡くなり、3カ月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)の育児と、仕事に追われる日々を過ごしている。そんな時、偶然再会した幼馴染でお好み焼き屋「にじや」の住み込み店員・小山内蒼介(仲野太賀)がSNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。そして、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)と6歳の息子・大地(三浦綺羅)とともに住むことになるのだった。

SNSで勝手に家族探しを開始「デリカシーない」


第8話では、「にじや」の店主・銀治(石橋蓮司)が突然倒れて、そのまま入院。「にじや」でシェアハウスする一同は病院に毎日足を運び、銀治を励まそうとした。しかしこのシーンをめぐってネット上では批判が…。

子どもたちが大声で銀治に駆け寄ったり、遊ぶようなシーンもあったのだが、銀治が入院しているのは大部屋だったため、

《他の患者に迷惑だろw》
《他の人もいるのにこんな大声でいいのかしら》
《毎日来るとか地獄だわw 男性の部屋だよね。女性の部屋ならまだ大目に見てくれる人もいそうだけど、男性の部屋であれ毎日だとキレるおっさんとかいそう》

といった苦言が相次いだのだ。

さらにこの回では、離れて暮らす家族のことについて口を割らない銀治を見て、蒼介たちが勝手に銀治の家族を探そうと決起。そこで使った方法が、インスタグラムで8年前の「にじや」の写真を掲載し、「この写真に写っているにじやのご主人のご家族を探しています」と情報提供を呼びかけるものだった。

銀治の写真をネットに勝手に晒すこともさることながら、この写真には銀治以外の従業員の顔もバッチリ写っていたため、ネット上では

《赤の他人が写った写真を拡散用にSNSで載せるのはちょっと…》
《ちょいちょいデリカシーないし非常識だし、そういうのすっごく気になっちゃうドラマ》
《こんな探され方されるの絶対嫌だし名乗りでたくないな》
《勝手に写真載せないでー!》

といった指摘が相次いだ。

そもそも、インスタグラムでの募集投稿をきっかけに、シェアハウスをはじめたような人たちが今作の登場人物。そこら辺のモラルなどなくて当然かもしれない。



当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ