明日は『RISE WORLD SERIES』! メインは那須川天心vs鈴木真彦、セミはDoA -53kgトーナメント決勝

SPICE


9月23日(木・祝)横浜・ぴあアリーナMMにて開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』のメインイベントで鈴木真彦と対戦する那須川天心がTEPPEN GYM(千葉県松戸市)で公開練習を行った。

シャドーを披露した後はパンチミットに切れのあるジャブ、ストレートを中心に繰り出し好調ぶりをアピールした。

那須川天心インタビュー「格闘技を愛して格闘技をやっていますから、そこの部分には誰にも負けない」


――今の公開練習を見たら右のジャブのキレが凄いですね。

那須川 そうですね、全体的に凄く調子いいって感じなので良いと思います。

――最近那須川選手よく進化っていう言葉を口にしてますけど、まさにその進化が垣間見えるようなジャブだと思いますけども。

那須川 一個一個の技を、原点に戻るというか基本をしっかり確認しながら練習はしてますね。

――ラスト3試合のカウントダウンが始まったしょっぱなの試合ですが。

那須川 何も変わることはないですね、正直。もう3試合しかないのかと思ったりもしましたけど、流れって速いので特にそこは意識してやってはいないですね。

――対戦相手の鈴木選手は6年ぶりの対戦になりますけど、改めて試合が近づいてみて選手としての印象はどうですか?

那須川 印象はそうですね、特にやる前と変わってないですし、今回の試合のために何かをやったっていうことは無いので、今まで通り自分の試合をするだけなのかなとは思いけどますね。

――昨日志朗選手のインタビューがあったんですけど、志朗選手が那須川選手の今回の試合に関して触らせない試合をするのか、それともカウンターを狙いうのかどっちでいくのかに注目したいと仰ってたんですけど、その辺はどうですか?

那須川 そうですね、僕の出方によって色々変わる試合になると思うので、僕が作っていく試合になるのかなとは思います。そこはどうしようかなとは思ってますね。どんな内容にしてやろうかなっていうのは考えてます。

――それはやっぱり試合が始まってから決めることになりますかね?

那須川 そうですね、あと今回滅茶苦茶調子が良いので、だからこそ丁寧にいこうかなって思っていますね。

――じゃあ今年になって最高の出来っていう那須川天心が見られるっていう感じになりますか?

那須川 いつも試合の前とかは多少不安になったりとか、気持ちの部分だったり動きの部分で噛み合わない部分があって、そこがつっかかって悩んだりするのが多少あるんですけど、今回そういうのがあまり無くスムーズにトレーニングを終えることが出来たかなと。疲労は溜まってるんですけど、その割にすごい良い動きが出来てるなっていうのはありますね。やっぱ色々変えたこととかもあるので。

――以前、那須川選手と試合したり一緒に練習したりしてた並木月海選手がオリンピックで銅メダル獲ったり、南原健太選手がRISEでデビューしたりしましたけど、そういったものは刺激になってますか?

那須川 月海の場合は試合前とかも連絡とったりして、惜しくも銅メダルだったんですけど昔からの友人がオリンピックに出るっていうのは想像してなかったので、オリンピック終わってタイミング合えば飯行こうって言ってたんですけどなかなか合わず、僕の試合があるんで終わってメダル噛みたいなと思います(笑)。

――南原選手の方はどうですか?

那須川 健太の場合はまだ始まったばっかりなので、実績残してほしいなとは思いますけどね。でも感慨深いなとは思いますよ、昔からの友人だったりライバルがこうやって今、健太の場合は僕の姿を見て夢をもらってRISEに来たと言ってくれたので、そういう存在になれてるのは非常に嬉しいかなとは思います。

――今日なんですけど、パンチを見せたというのは来るべき日が近付いてきたというのもあるんですか?

那須川 そういう訳ではないですけど、いろんな練習をしてるので公開練習で何やろうかなってことでパンチも蹴りも両方進化してるんで、どうせだったらパンチをキレの良いところを見せようかなと。

――すごいジャブもストレートも伸びるんですね。

那須川 本当に一個一個パンチだけじゃなく、動きから戻すしぐさから足から基礎中の基礎を2月の志朗君の試合の後からずっとやってきたっていう感覚なんで、突き詰めれば突き詰めるほどシンプルになっていきますよね。

――その基本をもう一度見つめ直そうっていうのは何かきっかけがあったんですか?

那須川 やはりレベルを一段階、二段階、ここを見て試合をしているわけじゃないんで今後ボクシングに行くことだったりとかそういうのを考えて作りこんでいかなければいけないので。だからやっぱりこのレベルには通用するけどもっと上行ったらそんなの通用しないよねっていうところを見ながらトレーニングをしてるので、そういうところでもう一段階、二段階上に行かないとなってところでやってます。

――記者会見のときはちょっと苛ついてるような雰囲気が漂ってたんですけど、そのときの感情っていうのは今も持ってるんですか?

那須川 どうですかね、それは察してもらえればって感じですね。

――鈴木選手は客観的に見て、前に戦ったときよりははるかに強くなってる、進化してるっていうのは認めるってことですか?

那須川 どうなんですかね? 成長はしてるんじゃないかなとは思うんすけど、ずば抜けて成長してるかと言ったらそんなこともないのかなとも思いますけどね。技術的なことだったりって言うのはあんまり変化は分からなかったですね。

――鈴木選手って一発の強打っていうのを持ってると思うんですが、そこはどうですか?

那須川 強打は持ってはいますけども、当たらなきゃ何の意味もないですからね。

――今回の試合のテーマを表現すると?

那須川 丁寧に、かな。自分のテーマは丁寧にやることですね。

――基本的に自分の戦いを見てファンには何を感じとってほしいとかいうよりは、それぞれの感じ方をしてほしいというお話をいつもされてるんですけど、それは変わらないですか?

那須川 それは変わらないですね。一方通行的な表現は良くないと思うので、人には人の色んな考えがあって色んな思いがあるし、もちろん僕が試合して応援する人もいればしない人もいますし。だから個人によって感じることは違うと思うんで、そこを尊重してというか。俺は俺の100%の試合をしますし、そこで何を思うかっていうのは皆さんで感じ取ってもらいたいなとは思います。

――キックボクシングが残り少ない中で、蹴りのミットとかをやってる中でこの蹴りを封印するのかとかって思いはないですか?

那須川 どうなんですかね? 特にないんですよね。なんかこう…そう言う想いではやってないですね、いつ死んでも良いと思って生きてるんで。今じゃあもうキック終わりですって言われたら、そうですかって言えますから、そのくらいのつもりで覚悟持ってやってますからね。

―― 一瞬一瞬毎日全力で生きてるからそういう思いになれるんですかね。

那須川 今回のRISEのABEMAのキャッチフレーズで「ガチで生きるしかない」っていうのは本当にその通り、僕をそのまま表現してくれたなと思って嬉しいですよね。

――鈴木選手も20連勝を記録したり那須川選手の名前をずっと挙げながら上り詰めてきた選手だとは思うんですけど、試合でその鈴木選手とどういった部分の差が勝負の分け目になると思いますか?

那須川 どうなんですかね、格闘技に対する思いとか、そういう部分はやっぱり変わってくると思いますよ。

――その思いが試合に出て結果として表れる?

那須川 と思いますし、僕は本当「職業が格闘家」っていうのは、格闘技を愛して格闘技をやっていますから、そこの部分には誰にも負けないと思いますね。


▼メインイベント(第14試合) SuperFight! バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kgトーナメント優勝、初代RISE世界フェザー級王者、第6代RISEバンタム級王者)
鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者)

▼セミファイナル(第13試合) RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 決勝戦 3分3R延長2R
トーナメント準決勝①の勝者
トーナメント準決勝②の勝者

▼第12試合 SuperFight! -65.5kg契約 3分3R延長1R
原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
タップロン・ハーデスワークアウト(タイ/ハーデスワークアウトジム/セントラルグループ presents 岡山ZAIMAX MUAYTHAI 65kg賞金トーナメント優勝、元WMC世界フェザー級王者)

▼第11試合 SuperFight! ライト級(-63kg)3分3R延長1R
直 樹(BRING IT ONパラエストラAKK/第7代RISEライト級王者、スック・ワンキントーン スーパーライト級王者)
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント優勝、第5代RISEライト級王者、RIZIN KICK ワンナイトトーナメント優勝)

▼第10試合 SuperFight! ミドル級(-70kg)3分3R延長1R
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者、元J-NETWORKウェルター級王者)
ねぎ魔神(ネイバーズキックボクシングジム/同級9位)

<休憩>

▼第9試合 オープンフィンガーグローブマッチ -65kg契約 3分3R
山口裕人(山口道場/WPMF世界スーパーライト級暫定王者)
稲石竜弥(Team OJ/ライト級6位、第2代Bigbangライト級王者、第19代MA日本ライト級王者)

▼第8試合 オープンフィンガーグローブマッチ -63kg契約 3分3R
北井智大(チームドラゴン/同級2位)
YA-MAN(TARGET SHIBUYA/同級7位)

▼第7試合 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 準決勝② 3分3R延長1R
風音(TEAM TEPPEN/RISEスーパーフライ4位)
政所 仁(魁塾/WBKF世界スーパーフライ級王者、J-NETWORKフライ級王者)

▼第6試合 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント 準決勝① 3分3R延長1R
大﨑孔稀(OISHI GYM/RISEスーパーフライ3位、BOMバンタム級王者)
志 朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝、ISKAムエタイ世界バンタム級王者)

▼第5試合 RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント リザーブマッチ 3分3R延長1R
滉大(及川道場/HOOST CUP 初代日本スーパーフライ級王者、第2代DEEP☆KICK 53kg王者)
金子 梓(新宿レフティージム/RISEスーパーフライ級8位)

▼第4試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
実方拓海(TSKjapan/同級2位、WMC日本スーパーライト級王者、LPNJスーパーライト級王者)
伊藤澄哉(戦ジム/同級5位)

▼第3試合 フライ級(-51.5kg) 3分3R
酒井柚樹(TEAM TEPPEN)
KING TSUBASA(ROYAL KINGS/KOSスーパーフライ級5位)

▼第2試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R延長1R
宮崎就斗(TARGET/DEEP☆KICK -57.5kg王者、RISEフェザー級5位)
奥平将太(FIGHT CLUB 428/Team Bull/スーパーフェザー級9位、Bigbangアマチュア6階級王者)

▼第1試合 バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R
京介(TOP DIAMOND/RISEスーパーフライ級5位)
有井渚海(及川道場/CKC2021 -54kgトーナメント準優勝、第30回全日本新空手道選手権大会 K-2GRAND PRIX 2019軽軽量級優勝)

▼オープニングファイト.4 ライト級(-63kg) 3分3R
樋口知春(極真会館/第35回全日本ウエイト制空手道選手権大会 中量級優勝)
野村太陽(KBスポーツジム/Stand Upアマチュア一般Aクラストーナメント-65kg 優勝)

▼オープニングファイト.3 バンタム級(-55kg) 3分3R
真琴(誠輪ジム/第16代TOP☆RUN-50kg王者、第16代TOP☆RUN-55kg王者)
松下武蔵(TRY HARD GYM/2019年Amateur RISE Nova全日本ジュニアトーナメント-55kg級優勝)

▼オープニングファイト.2 フェザー級(-57.5kg) 3分3R
松井大樹(MEIBUKAI/ISKAアマチュア世界大会 日本トーナメント優勝)
珅太郎(KRAZY BEE/第19回K-1アマチュアBクラストーナメント優勝)※河津伸太郎よりリングネーム変更

▼オープニングファイト.1 Amateur RISE Nova特別ルール -55kg契約 2分2R
那須川龍心(TEAM TEPPEN/2021年RISE NovaジュニアAクラストーナメント-50kg級優勝)
山﨑天輔(真門team sol/TOP☆RUN 45kg、50kg王者)

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ