自称「カレー通」から「カレー専門家」へ 学問として学べる「カレー大学」

OVO



もう、自称「カレーツウ」をやめませんか? 身近に意外といるかも、自称「カレー通」の人。でも、自称じゃなくて「カレー専門家」を名乗って活動できるようになるチャンスがある。日本で唯一というカレーコンサルティング会社「カレー総合研究所」(東京)は、カレーを“学問”として、 総合的・体系的に学べる「カレー大學(だいがく)」総合学部の通学講座を10月16日(土)に開催する。

日本で唯一無二のカレーを専門的に教えるユニークな教育機関「カレー大學」は、学長の井上岳久氏が2014年に開学。卒業生は1,500人を数え、メディアで活躍する卒業生も多数輩出している。井上氏がこれまでにカレーミュージアムの設立運営やテレビや雑誌などのメディア及び複数の大学での研究などで得た、カレーの広く深い知識と最先端のカレー事情を加味した内容が特徴。

カレーに関する概論・ 歴史・ 文化(社会学)・ 商品知識(商品学)・ 調理料理方法(調理学)・食べ歩き法など体系的、実践的に学ぶ。 単なる知識としてだけでなく、 ビジネスや家庭で活用できる実務的な内容。商社勤務経験を持ち、企業や自治体に対してPRや商品開発のコンサルティングを多数手がける井上氏によると、カレーの話題はビジネスでも潤滑油となり、商談の成功確率が高まると言われているという。カレー作りの勘所を知ることで、家庭でもよりおいしいカレーを作ることができる。

東京・神田のTKP神田ビジネスセンターで10時~17時、6講座。受講料は税別35,000円(認定料込)。申し込みはカレー大学のホームページから。締め切りは10月7日(木)。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ