男性が元カノと「よりを戻そう」と思った瞬間って?

愛カツ


恋を重ねれば、自然と別れる回数も多くなりますよね。

でも、一度終わってしまった恋が復活する可能性はゼロではありません。

そこで今回は、男性が元カノと「よりを戻そう」と思った瞬間をご紹介します。

男性が元カノと「よりを戻そう」と思った瞬間って?

■ 昔の思い出を聞いて気持ちが蘇った

「すごく嫌な思いをして別れたってわけじゃなければ、そんなに大きなきっかけがなくても気持ちが戻ることってあるんじゃないでしょうか。

僕の場合は、元カノから些細な思い出を詳細に語られたときに、その当時の気持ちが蘇ってきて、復縁をしたことがあります」(32歳/教育)

交際経験のある男女には、二人にしかわからない共通の思い出が必ずあります。

その思い出をふとしたときに思い出して、懐かしく感じることって多いはず。

元カレとそんな風に思い出について語っているうちに、お互いに気持ちが再度芽生えるという可能性もあります。

■ 今の彼氏とうまくいっていないと相談された

「別れてから連絡を取ってなかった元カノから、ある日突然『相談に乗って欲しい』って連絡がきて。話を聞いてみたら今の彼氏からモラハラを受けてるって。

話している間にどうしようもなく元カノへの愛情が復活したので、『そんな奴と別れてもう一回付き合って』って言いました」(29歳/コンサル)

男性は別れた彼女であったとしても、一度は愛した相手が精神的・肉体的に弱っていたり、誰かから危害を加えられているとわかった瞬間に「俺が守らないと」という欲求が生まれるのかもしれません。

もちろん嘘をついて「モラハラを受けている」なんて言ってはいけません。

もし本当に新しい彼氏から苦痛を与えられているのなら、元カレに相談をしてみても良いでしょう。

復縁はできなくても、守ってくれようとはするかもしれませんよ。

■ 「結婚する気だった」と言われた

「結婚する気だった」と言われた

「別れた後に『結婚するつもりだったのに』って本心を知って、それだったらもう一回真面目に付き合おうって思ったことがありますね。付き合っている当時にそういう大事な気持ちは伝えて欲しかったですけど」(30歳/医療)

自分の気持ちとしては結婚を意識していても、相手にそれが伝わっておらず、知らせる暇もないまま関係が終わってしまうという悲劇も。

別れてしまってから、そんな気持ちを伝えても「相手を混乱させるだけだ」と思いとどまってしまうかもしれません。

でも、本気で結婚したいと考えているのなら、別れたあとでも伝える価値はあるでしょう。

■ 落ち着いて向き合うと復縁の可能性も

別れた相手とは絶対に連絡を取りたくないという男性もいます。

そういった人との復縁はかなり難しいでしょう。

でもそうでないなら、ふとしたきっかけから復縁できる可能性もありますよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ