白石麻衣が「あざとい」と思った芸能人とは?

めるも編集部

元乃木坂46の白石麻衣は、9月11日(土)放送の「あざとくて何が悪いの?」(毎週土曜21時55分から22時25分ほか、テレビ朝日系)にスタジオゲストとして約7カ月ぶりに出演した。

番組内では視聴者から寄せられたあざとエピソードを再現したミニドラマをスタジオメンバーで鑑賞するコーナーもあり、「あざとい知識を教えてくれる男性」のエピソードには「あざといとはちょっと違うかも」とスタジオが凍りつく場面もあった。「知識が深い男性に惹かれることはあるのか」という山里亮太の問いに対して田中みな実は「役所の手続きや電気屋でのやりとりをサラッとやっとくよと言える男性は良い」と答え、弘中綾香アナ、白石も深く共感していた。

また、番組内ではあざと連ドラ「あざとくないと恋は出来ない?」の第2話を鑑賞する。結婚を急ぐあまり彼氏に振られてしまうという衝撃のラストシーンに白石はホラー作品でも見たかのように悲鳴を上げた。

白石麻衣が最近であった「あざとい」芸能人

山里から「最近、あざといと思った芸能人はいるの?」と聞かれ、現在撮影中のドラマで共演している「斎藤工」と答えた白石麻衣。あざといエピソードとして「外ロケの際、気が付いたら後ろから日傘をそっとさしてくれている」と紹介し、山里は「めちゃくちゃかっこいいトトロ」と例え、スタジオを笑いに包んだ。

白石麻衣が語った恋愛観

異性にも恋愛相談をよくするという弘中がお互いの彼氏彼女の愚痴を言い合い、お互いに聞くと言うと、白石は「そもそも付き合っている人の悪口をいうことがあり得ないと思っている」と話し、弘中が落ち込む場面もあった。

山里の結婚を決めた理由に女性陣感激

「結婚」についてトークする場面では山里が蒼井優との結婚を決めた理由を告白。「自分の芸風的に結婚は良くないのか?ということを考える余地のない瞬間がくる」、「結婚することのデメリットはあとで自分で潰せる」と話した。その理由に女性陣は全員そろって感激し、白石も「カッコいい!」とほれぼれとした。

※トップ画像は『あざとくて何が悪いの?』公式サイトのスクリーンショット

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ