【5分間能力】Netflix映画『プロジェクト・パワー』は過激アクション満載

めるも編集部

5分だけ特殊能力が使えるとしたら、あなたなら何がいいですか?
今回は、アメコミ要素も感じられるSFアクション『プロジェクト・パワー』をご紹介!

映画紹介

「アニー」や「アメイジング・スパイダーマン」に出演のジェイミー・フォックスと、「インセプション」「ザ・ウォーク」に出演のジョセフ・ゴードン=レヴィットと豪華俳優によって創り上げられたNetflixオリジナル作品。

あらすじ

謎の組織によって作られた5分間だけ特別な力を持つことできる薬「パワー」がニューオーリンズで話題となる。
街は「パワー」を使った悪人たちが犯罪を犯していく。
その薬をを売りさばいている糖尿病の母を持つ少女ロビン。
母の治療費のため売人をしているロビンから、警察官のフランクは薬を買い、能力を使った悪人たちを捉えるため自ら「パワー」を服用する。
時を同じくして元軍人のアートは拐われた娘を探す。
娘の誘拐に「パワー」が関係していると分かり、出どころを調べるうちに売人ロビンへとたどり着く。
一方でフランクは悪用されていく「パワー」の真の出どころがアートだと上司に教えられ、アートを捕まえるため動き出すも、思いがけないことから目的が同じであるとわかった3人は手を組むこととなり、謎の組織に立ち向かう。

レビュー

飲むまで何の特殊能力か分からないという設定が、観ている人の興味をそそる!
アメコミが好きな人には楽しめる作品。
アートの「パワー」が重要なシーンで明らかとなったとき、その強さに驚きを隠せない!

注目ポイント

アートの娘が連れ去られた理由。
なぜフランクの上司はアートを追いかけさせたのか。
謎に包まれていたことが観ていくうちに明らかになるため、最後まで目が離せない。

作品情報

【公開】
・2020年8月14日

【上映時間】
・1時間53分

【スタッフ・キャスト】
◼監督
・ヘンリー・ジュースト
・アリエル・シュルマン
◼脚本
・マトソン・トムリン
◼出演
・ジェイミー・フォックス
・ジョセフ・ゴードン=レヴィット
・ドミニク・フィッシュバック
・ロドリゴ・サントロ

Netflix映画『プロジェクト・パワー』独占配信中

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ