【2021年アイヴァー・ノヴェロ賞】ハリー・スタイルズ/ジョン・ボン・ジョヴィ/セレステなどが受賞

Billboard JAPAN



イギリスとアイルランドの優れたソングライター、映像作曲家を表彰する【アイヴァー・ノヴェロ賞】の授賞式が、現地時間2021年9月21日に英ロンドンのグロヴナー・ハウスにて行われ、ハリー・スタイルズ、ジョン・ボン・ジョヴィ、セレステなどが見事受賞した。

アイヴァー・アカデミーは声明で、「ソングライターやコンポーザーが審査を行い、同胞へ贈る【アイヴァー・ノヴェロ賞】は、音楽コミニティ内で特別な居場所を持っています」と述べている。66回目の開催となる今年は、Apple Musicとのパートナーシップにより行われた。

ハリー・スタイルズの2ndアルバム『ファイン・ライン』に収録されている「アドア・ユー」は、2020年に最もパフォーマンスされた楽曲として<PRS for Music Most Performed Work>を授与された。ハリーに加え、エイミー・アレン、タイラー・ジョンソン、キッド・ハープーンによって書かれた同曲は、このソングライティング・チームに初の【アイヴァー・ノヴェロ賞】をもたらした。

ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィと長年にわたるリード・ギタリストのリッチー・サンボラは、海外アーティストに贈られるApple Musicによる特別賞を授与された。この賞は、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」や「ユー・ギブ・ラブ・ア・バッド・ネーム」などの名曲を生み出した2人の40年に及ぶキャリアを表彰するものとなった。

シンガーソングライターのセレステとジェイミー・ハートマンは、ビリー・アイリッシュの兄フィニアスがプロデュースしたバラード「アイ・キャン・シー・ザ・チェインジ」で、最優秀ソングライターに贈られる<Songwriter of the Year>に輝いた。また、マシュー・へイルズと共作したリアン・ラ・ハヴァスのセルフ・タイトル・アルバムが、<Best Album>を受賞した。リアン・ラ・ハヴァスは、2013年のデビュー作『イズ・ユア・ラブ・ビッグ・イナフ?』で初めて【アイヴァー・ノヴェロ賞】にノミネートされていた。

今年の授賞式で表彰された26名のソングライターのうち、70%が初受賞となった。

◎ソングライター・オブ・ザ・イヤー / Songwriter of the Year
セレステ、ジェイミー・ハートマン

◎最優秀アルバム賞 / Best Album
『Lianne La Havas』リアン・ラ・ハヴァス(作詞:リアン・ラ・ハヴァス、マシュー・へイルズ)

◎最優秀コンテンポラリー・ソング賞 / Best Contemporary Song
「Children of the Internet」フューチャー・ユートピア feat. デイヴ、Es Devlin(作詞:デイヴ、フレイザー・T・スミス)

◎最優秀歌曲賞 / Best Song Musically and Lyrically
「God's Own Children」オボンジェイヤー(作詞:バーニー・リスター、オボンジェイヤー)

◎最もパフォーマンスされた楽曲賞 / PRS for Music Most Performed Work
「Adore You」ハリー・スタイルズ(作詞:エイミー・アレン、タイラー・ジョンソン、キッド・ハープーン、ハリー・スタイルズ)

◎最優秀オリジナル映画音楽賞 / Best Original Film Score
『Calm With Horses』ブランク・マス

◎最優秀オリジナル・ビデオ・ゲーム音楽賞 / Best Original Video Game Score
『Ori and the Will of the Wisps』ガレス・コーカー

◎最優秀テレビ・サウンドトラック賞 / Best Television Soundtrack
『Devs』ジェフ・バーロウ、ベン・ソールズベリー、ジ・インセクツ

◎ライジング・スター賞 / Rising Star Award with Apple Music
ウィロー・ケイン

◎アウトスタンディング・ソング・コレクション賞 / Outstanding Song Collection
ローランド・オーザバル、カート・スミス

◎スペシャル・インターナショナル賞 / Special International Award with Apple Music
ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラ

◎アイヴァー・クラシカル・ミュージック賞 / The Ivors classical Music Award
マーク=アンソニー・タネジ

◎アイヴァー・インスピレーション賞 / The Ivors Inspiration Award
アリソン・ゴールドフラップ、ウィル・グレゴリー

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ