ケツからカフェインが出るまでおかわり自由!(当日のみ) 映画『fOUL』公開記念、シネマート新宿オリジナルメニュー<fOULのコーヒー>発売決定! さらに<fOULの水>もあり!

Rooftop


assCafe-POP.jpg

9月24日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開となる、1994年~2005年に活動、現在休憩中のバンド、fOULのドキュメンタリー映画『fOUL』(大石規湖 監督作品)。その公開を記念して、シネマート新宿のオリジナルメニュー、<fOULのコーヒー>と<fOULの水>の発売が決定した。

fOULのコーヒー.jpg

これまで映画『ザ・バニシング -消失-』の<バニシングコーヒー>や、映画『クリーン、シェーブン』(現在公開中)の<シェーブンコーヒー>など、上映作品にちなんだオリジナルコーヒーメニューを開発してきたシネマート新宿の最新作が発表された。それが9月24日(金)より公開となる映画『fOUL』の<fOULのコーヒー>。これは映画が描くバンド、fOULが2000年に発表した楽曲「wax & wane」の言葉、「ケツからカフェインが出るまでコーフィーをどうぞ。肺の中は漆黒、ニコティン」にインスパイアされたもの。「ケツからカフェインが出るまでコーフィーをどうぞ。」というキャッチコピーとともに、日本語、もしくは英語の商品名が明記されたスリーヴ付きで提供される。またこのコーヒーは通常よりもカフェインを増量、POPには「※強力な大カフェイン」と記載されており、これを摂取することでまばたきを忘れるほど覚醒した状態で映画に集中できる可能性もある。<fOULのコーヒー>は税込¥300。ケツからカフェインが出るまでおかわり自由(当日のみ/ケツからカフェインが出たら終了)。

なお、シネマート心斎橋でもコーヒーのカフェイン増量方法や味は異なるが、同スリーヴ付きの<fOULのコーヒー>が販売される(おかわり自由はシネマート新宿のみ)。緊急事態宣言が継続中の現在、アルコールの提供はないシネマートは強力なカフェインを振る舞う。余談だが、シネマートの社内資料では「assCafe」という言葉が使われていることも確認されている。

foul water.jpg

そしてもうひとつ、fOULの2001年発表のアルバム『Husserliana』に収録の楽曲「fOULの水」にちなんだ、<fOULの水>も両館にて限定数で発売される(税込¥300)。300mlのミネラルウォーターで、ラベルには商品名とともにフランス語も表記され、「ファウルの水が湧いています」と書かれている。

7th_foul_finish_web.jpg

fOULはアメリカン・ハードコア/パンクと日本独特のメロディ、語彙を融合、どこにも存在しない音楽性で、eastern youthやbloodthirsty butchersとのライブ活動や音源発売、『砂上の楼閣』と題された自主企画ライブを計34回にわたって主催、サンフランシスコ、バンクーバー、ロサンゼルスでの海外レコーディングを行なうなど、1994年から精力的に活動するも2005年突如休憩を表明、そのままの状態で現在に至っているバンド。

鉄壁のリズムと何かがおかしくも掻きむしられるギター、繊細に吠えるボーカルのアンサンブルが「いったい何に遭遇しているのか」表現できない衝撃とともにアンダーグラウンドで絶大な影響を及ぼしたこのfOULを、『MOTHER FUCKER』(2017)、『JUST ANOTHER』(2020)の大石規湖監督がドキュメンタリー映画としてまとめあげた。

その音楽性と佇まいに言葉が追いつかない、言語での表現が不可能なバンドfOULが、遠慮なく大さらけ出しのライブを展開する映画『fOUL』は9月24日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次、恐れ多いロードショー公開となる。

シネマート新宿/シネマート心斎橋オリジナルメニュー
ケツからカフェインが出るまでコーフィーをどうぞ

◉fOULのコーヒー 300円(税込)

※強力な大カフェイン

※ケツからカフェインが出るまで、おかわり自由(当日のみ)

※おかわり自由は、シネマート新宿のみとなります

ファウルの水が湧いています

●fOULの水 300円(税込)

※300mlミネラルウォーター

※数量限定、無くなり次第終了

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ