アイナ・ジ・エンド、Digital EP『BORN SICK』9/20にリリース、同日YouTubeにて生配信決定

Billboard JAPAN



アイナ・ジ・エンドが9月20日に、Digital EP『BORN SICK』をリリース、同日の20時より、アイナ・ジ・エンドオフィシャルYouTubeチャンネルにて、生配信を行うことが決定した。

9月から11月までの3ヶ月にわたり2作のDigital EPとオリジナルアルバムのリリースを予定しているアイナ・ジ・エンドだが、9月20日にDigital EP『BORN SICK』、10月25日にDigital EP『DEAD HAPPY』、そして11月24日に2nd Album『THE ZOMBIE』がリリースとなる。

3ヶ月連続リリース第1作目となる『BORN SICK』には、映画『孤狼の血 LEVEL2』のインスパイアードソングとなった「ロマンスの血」のほか、アイナ自身が書き下ろした「Retire」「家庭教師」「ペチカの夜」の合計4曲が収録されている。

◎アイナ・ジ・エンド コメント
「Retire」
楽しい音。かっこいい音。虚しい音。色んな感情が一つの音になったような、一度聴いたらゴォオオ!と宇宙に飛んでいってしまうような、そんな楽曲になりました。 
演奏してくれたメンバーが本当に音楽を楽しんでいて、刺激を受けながら出来た一曲です。
何も信じられなくなったり、どうしようもなく自暴自棄になったりしたとき、音楽に救われることがあります。
イヤホンをして音楽に集中すると嫌なこと全て忘れられるような気がします。
誰かにとって、"Retire"がそんな曲になっていたらいいなと思います。
何よりライブで皆さんと飛び跳ねたりする景色が頭の中で広がっていました。楽しみです!

「家庭教師」
Shin Sakiura君とは今までプリプロを一緒にやってもらったりしてましたが、今回初めて一曲まるまる一緒に作ることができました。
こんな曲作ってみたかったのでちょっと夢が叶ったような気持ちです。
気怠い時間帯に。ドライブで特に流したい曲が見当たらなかった時に。そんな何でもない気分の時に、聴いてほしい一曲になりました。
歌詞がお気に入りです。
"太刀魚に鱗あるの知ってた?"

「ロマンスの血」
孤狼の血LEVEL2のインスパイアードソングとして書き下ろさせていただいた曲です。
時代感を、映画の世界観に近づけた一曲で、こういう曲は初めて歌った気がします。
拙いデモを亀田誠治さんが音楽にしてくださいました。
悲痛な夜の日や化け物みたいな心の日でも、味方になってくれる曲です。
映画と共に宜しくお願いします。

「ペチカの夜」
人間ずーっと走りっぱなしだと、疲れちゃう日もあると思います。
現実逃避って悪いイメージですが、そんなことない!と思いこの曲を作りました。
心だけでも逃がしてあげてほしい。
次のステップに進むために、たまに休まなきゃいけないです。
ちょっぴり疲れた日には、ペチカの夜をゆっくり聴いてほしいです。
一緒に作ってくださったオカモトレイジ(OKAMOTO’S)くん、そしてアレンジの河野圭さん、演奏してくれた皆さん。暖かい音が繰り広げられていて、とっても感動しました。このレコーディングの日の記憶は宝物です。

◎リリース情報
デジタルEP『DEAD HAPPY』
2021/10/25 RELEASE

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ