ぷろたん、病気発覚後に起きた視聴層の変化 「女性がすげえ増えた」

fumumu

(画像はぷろたんYouTubeより)
18日、人気筋肉系ユーチューバーのぷろたんさん(登録者数198万人)が自身のサブYouTubeチャンネル『ぷろたんの日常動画』(登録者数18.4万人)を更新。

病気発覚後の視聴者の変化を語りました。

■免疫系疾患で入院していたぷろたん


当サイトでも既報のとおり、7月に突如活動休止を報告したぷろたんさん。その後、31日に生存報告動画をアップし、「体の全身の焼けるような痛みと吐き気がやばいです。泣」とテロップで綴り、「大きなくくりで自己免疫疾患らしくて」と、具体的な病名は不明なものの免疫系の病気であることを明かすと、続く14日公開の動画では入院が延長したことを報告。

しかし、4日には退院を報告し、病名は結局わからないままで、免疫系疾患と生きていく決意を語っていました。

【動画】入院後、視聴者層が変化したぷろたんさん

関連記事:ぷろたん、母から「生きてて良かった」 退院後の再会動画に反響

■筋トレ系としては女性ファンが多いぷろたん


そんななか、18日にサブチャンネルで動画のコンスタント投稿復活を報告。頻度は週3~4本で、メインではなくサブチャンネルへのアップが多くなるよう。以前と同じく、筋トレ動画などが中心になるようです。

サブチャンへの投稿が多くなる理由は「気が楽なのよ」というもの。その流れで視聴者層の違いについて話すことになるのですが、男性65%、女性35%のメインチャンネルに対し、サブチャンネルは男性95%、女性5%と男女比が大きく違うそうです。

■病気後に女性率がアップ?


性質的に、基本的に男性メインになりがちな筋トレ系ユーチューバー。その点、ぷろたんさんはメインに限っては女性率がかなり高いと言えます。

しかし、以前からずっと女性比率が高かったわけでもないようで、「病気してから女性がすげえ増えた」とのこと。「やっぱ母性なんですかね、わかんないですけど」と首をかしげたぷろたんさんでした。

■「週3でもスゴい」「ゆっくりでね」


今回の動画に対し、コメント欄では様々な声が。

「戻ってきてくれてありがとう」「やっぱり筋肉は裏切らないな」「笑顔が戻って良かったです。ゆっくりで良いので楽しく生活して下さい」「週3本でもすごいペースだと思う笑」「サブチャンの筋トレ動画すごい好きだから嬉しい!」などの声が確認できます。

・合わせて読みたい→ぷろたん、退院を報告も「多分完治しない」 免疫系疾患と生きていく覚悟語る

(文/fumumu編集部・柊青葉)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ