あなたは大丈夫? 依存体質になちがちな人のチェックリスト5つ

fumumu

部屋にいる女性(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
何事も1人でやらなければならないというわけではありませんが、必要以上に他人に頼ってしまったり、その人なくしては何もできなくなってしまったりするような状態は、健全とは言えません。

fumumu取材班が、依存体質になちがちな人の特徴について、経験者たちに詳しい話を聞きました。

(1)スマホが手放せない


「起きている間はスマホが手放せず、常に誰かとのつながりを求めてしまう人は、依存体質の傾向があるかもしれません。

1人でいるのが不安な証拠です」(30代・女性)

関連記事:恋愛でよく聞く「恋愛体質」と「恋愛依存症」って何が違うの?

(2)1人の相手に固執しがち


「依存体質の人は、1人の相手に固執しがち。広い視野で物事を見ることができないから思考が偏り、執着することから依存状態になってしまうことがあります。

中でも、『彼氏と別れたら人生終わる』くらいに考えてしまっている人は、要注意です」(20代・女性)

(3)常に承認を求めてしまう


「『私のこと好き?』とか『嫌いになってないよね?』のように、常に承認を求めてしまうのは、依存体質な人にありがちな傾向です。

昔の私は自己肯定感が低く、誰かの承認を得ることでしか自分の価値がないと思い込んでいました。その結果、誰彼構わず認めてくれる人をひたすらに求めていた時期がありました」(20代・女性)

(4)SNSのチェックがやめられない


「彼氏や友達のSNSを見ることをやめられない人は、依存体質かもしれません。

他人と自分を比べることに囚われてしまい、自分らしくいられることができなくなってしまっているので」(20代・女性)

(5)恋人と一緒にいないと不安


「恋人と一緒にいないと不安になってしまう人は、確実に依存体質です。

昔の私は、一緒にいない時の彼氏が何をしているのか気になって仕方がなくて。GPSアプリを強要した結果、『重たい』とフラれました」(20代・女性)

これらのチェックリストにひとつでも当てはまった人は、依存体質かも。さらなる深みにはまらないように、早めに対処した方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→彼氏に依存している状態から抜け出したい…取り組みたい3つのこと

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ