Sexy Zone佐藤勝利、“兄”は中島健人と菊池風磨「独特な彼らに独特な思春期を教わった」

クランクイン!

 Sexy Zoneの佐藤勝利が18日、都内で開催されたPARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』のフォトコール及び取材会に、松下由樹、入野自由、演出の小山ゆうなとともに登壇。14歳の役を演じることから、Sexy Zoneのメンバーとの青春期の話を明かした。

アメリカ・ブロードウェイの大御所コメディ作家ニール・サイモンが、自身を思わせるユージンを中心に描いた青春成長物語となる三部作『ブライトン・ビーチ回顧録』『ビロクシー・ブルース』『ブロードウェイ・バウンド』。本作は三部作の1作品目で、主人公の少年時代や家族愛を描き、ブロードウェイでの上演は1306回を数える大ヒットを記録した作品だ。

佐藤は今作が初の舞台単独主演で、初のストレートプレイとなるが、今の気持ちを聞かれ、「すごく感慨深いですね。いつかやってみたいと思っていたので、まさかできる日がくるなんて。フレッシュな感じでやりたい」とニッコリ。小山は佐藤の演技について「センスが素晴らしくて、毎日すごい勢いでどんどん良くなっていきます」と賛辞の言葉を贈ると、佐藤も「毎回ドキドキしながらやっています」と照れ笑いを浮かべていた。

Sexy Zoneの菊池風磨、松島聡も現在、舞台に挑戦中だが、「この間メンバーとの仕事中に、僕が不安で緊張していて『幕開けられるかな…』とボソッと言ったら、さっき松島から『リラックスして絶対大丈夫だから。頑張って』というメールがきていて」とエピソードを披露し、「先輩なのかなと思いました」とニヤリ。一方、菊池が長セリフでも噛まなかったと自慢してきたそうで、「あの人、何がしたかったんですかね?」とぶっちゃけて笑いを誘いつつも、「みんなで切磋琢磨しながらやりたい」と意気込んだ。

劇中では、ユダヤ人一家の次男・ユージンという実年齢より10個若い14歳の青年役を演じるが、「無理して子供っぽくしないように気を付けています。あと僕は童顔なので」と言って笑わせ、「14歳は事務所に入った年齢。グループ10周年での初舞台で14歳の役をやれるのは感慨深いです」と感謝。入野はユージンの兄・スタンリーにふんするが、佐藤は「自由くんがたまにミスして、それに僕がつっこんでいます」と暴露。入野が苦笑いしながらも「それで兄弟感が生まれて。いっぱいミスしてよかったです」と笑顔で明かしていた。

ユージンが兄から思春期や性のことを教えてもらう一幕があるが、佐藤は「実際の家族とはそういう話をしたことがなくて。なので、僕にとってのお兄ちゃん的な存在は、グループの“くしくも”上の2人(中島健人と菊池)。独特な彼らに独特な思春期を教わりました。セクシートークしていました。なんか嫌ですね」と打ち明け、笑いを誘っていた。

PARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』は、9月18日から10月3日まで東京芸術劇場 プレイハウスにて、10月7日から13日まで京都劇場にて上演。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ