女性に人気の「リサ・ラーソン」と「KONO式コーヒードリッパー」が生誕90周年記念コラボ

IGNITE


北欧雑貨が好きな女性や家族にプレゼントしたい、自宅時間が少しだけ豊かになるコーヒードリッパーが登場。



日本におけるリサ・ラーソンの作品を販売するTONKACHI STOREより、リサ・ラーソン生誕90周年を記念した、限定生産のコラボレーションアイテムが発売される。

■リサ・ラーソンと珈琲サイフォンがコラボ

同店では、リサ・ラーソンの90周年を記念して、それぞれのフィールドで果敢に、情熱的にクリエイションしてきたレジェンドたちと共演する「リサ・ラーソンとレジェンドたち」を開催中。

「リサ・ラーソンとレジェンドたち~その1~」は、あのKONO式のコーヒードリッパー。1925年創業、世界に先駆けてコーヒーサイフォンを発明し、絶大な影響を与えた珈琲サイフォンを代表するプロダクトが、リサの90周年を記念した特別アイテムとして数量限定で生産される。



コラボレーションしたKONO式コーヒードリッパーは、2人用のコーヒーが淹れられるKONO式の定番セット。グラスポット、円錐フィルター、ペーパーフィルター、計量スプーンが4点セットになっていて、すぐに本格的なコーヒーを淹れることができる。

また、今回のためだけに特別セットになった、珈琲サイフォンおすすめの珈琲(幻想ブレンド)にも注目したい。

・KONO式コーヒードリッパーセット(海と空のブルー)

北欧の海と空を思わせるブルーは、トンカチ限定の特別カラー。登場するのは、スウェーデンの森をのんびりと散歩するリサの代表的キャラクター、マイキーとハリネズミ3兄弟。キッチンやリビングの雰囲気をやさしく、明るいイメージにしてくれる特別なカラーだ。

・KONO式コーヒードリッパーセット(木と大地のブラウン)

こちらは桜の天然木をハンドルに使用した特別なバージョン。温かみのあるハンドルは、ひとつひとつ職人の手作り。ポットには、スウェーデンの森を散歩するリサの代表的キャラクター、マイキーがのんびりと登場する。

■日本でもファンが多い「リサ・ラーソン」



1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)に見出され、スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍。

1979年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けている。日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られる。



特設サイト「Lisa Larson 90th Anniversary」では、これから1年間に渡って、リサ・ラーソン90周年に関する情報を順次公開。これは一人の人間が90年間も生きてきて、創作を続けることで他人を楽しませ、自分自身を楽しませてきたこと、そのことへの感謝と感激を表明する「お祭り」だ。

大切な人との自宅時間のお供に、北欧雑貨をセレクトしてみては。

TONKACHI STORE:https://shop.tonkachi.co.jp/

リサ・ラーソン生誕90周年特設サイト:https://lisalarson.jp/special/?page_id=74900

(hachi)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ