職場で信頼される人はなにが違う? 好感度の高い人の特徴を聞いた 

fumumu

笑う女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
職場で信頼される人と、そうではない人。どこに違いがあるのでしょうか? どうせなら、お互いを信頼している環境で気持ちよく働きたいですよね。

職場の好感度の高い人の特徴を、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)代替案を出す


「私が働いている部署で信頼されている先輩は、なにかを断るときも、代替案を出していることが多いです。

急ぎの納期で上司に仕事を頼まれたときに、『さすがにちょっと厳しいんですけど…こっちの仕事の納期を調整してよければいけます!』と返したりとか。

自分が切羽詰まっているときも周りのお願いを安請け合いして、後々パニックになりやすい私としては、先輩の冷静な対応は本当に憧れます。

自分には対応できない案件や、そもそも自社だと厳しい場合も『その案件だと、前に取引した〇〇会社が引き受けてくれるかもしれないですよ』とフォローしていて。先輩の働き方を見ていると、周りに信頼される理由がよくわかります」(20代・女性)

関連記事:コロコロ指示を変えないで! 信頼できない上司との付き合い方

(2)気分で返答しない


「今まで関わった上司は気分を表に出す人が多かったので、自分の感情で言っていることを変えない今の上司は、それだけで働きやすい…! と感動しています。

前に自分で言った内容なのに、怒りに任せて『そんなこと言ってない!』ととぼける上司もいるじゃないですか。機嫌がいいときは部下に優しいのに、イライラしているときはミスの粗探しをしたり…。

いい大人なのに、けっこう多いんですよ、そういう人。感情に流されずに冷静に対応できるだけで、周りからの信頼は集まってくると思います」(30代・女性)

(3)相手の都合を考える


「会社はひとりで働いているわけではないので、周りの都合を考えられる人が、やっぱり信頼されやすいと思いますよ。

話しかけるときに『今お時間大丈夫ですか?』とワンクッション置くだけでも、相手が受け取る印象は全然違うと思います。たまに、こちらが忙しいときでもお構いなしに談笑してきたり、急ぎではない仕事を振ってくる人もいますから。

ひとりだけの会社ではない以上、周りとコミュニケーションを取ることは会社員として求められるんじゃないでしょうか」(30代・女性)

人間である以上、多少気分に左右されてしまうのは仕方のないことです。でも、イライラを周りにぶつけても、自分の怒りが必ず消えてくれるわけではありませんよね。

自分の感情をコントロールするために、自分に合った職場のストレス発散法をいくつかストックしておくと安心かもしれません。

・合わせて読みたい→周囲を惹き付ける人の特徴はある? 周りの人気者について聞いてみた

(文/fumumu編集部・nana)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ