断捨離と防災備蓄が一気に?!もう捨てるかどうかで迷わない目ウロコ片付け術

暮らしニスタ


こんにちは。家事コツ研究員の主婦Aです。

家事が大嫌いなことで有名な私ですが、唯一好きな家事がありまして、それが片付け!独身時代はかなりミニマリストに近い生活をしておりました!

でも、奴ら(夫と息子)が私の片付けと断捨離を邪魔する現在では、そんな暮らしはもう過去形(T_T)

もう以前の状態に戻ることはできないのね……な~んて、諦めてたまるかぁ~~~!

たとえ一歩ずつでも、私は日々コツコツと断捨離を進めてみせる!
とはいえ、捨てるに捨てられない物たちも…
そう思いつつ、捨てるのがためらわれる物ってありますよね。この、手つかずで行き場のないかわいそうな不要品たち。

「ドナドナド~ナ~ド~ナ~ 荷馬車が揺~れ~る~♪」と歌いながらリサイクルショップに持って行くべきか…。

でも、二束三文でまとめ買いされて、お財布にもメンタル的にも打撃を受けるのは目に見えています⤵
そんな不用品の一部がこちら
まずは、大不評だったアベノマスクと、息子がサイズアウトした子ども用マスク。



そして、穴の開いた軍手や処分のタイミングに悩むタオル



バーベキューで持ち帰った使い捨て食器類



ホテルでもらったアメニティグッズなどなど。



他にも、シュラフとバスタオルなどの大物まで出てきました…アッチョンブリケ!


禁断の奥義で防災グッズに早変わり!
もうここまで来ると手に負えません⤵これらの大物を前に、「そし~て僕は途方に~暮れる~♪」(by大沢誉志幸)

出ました!勝手に定番化している、主婦Aのワンフレーズ昭和歌謡曲♪(時々平成)。

そこで私はいつものように考えた!ポクポクポクチーン♪(←一休さん)

そうだ、防災グッズにしよう(-ω☆)キラリン

残暑厳しいこの時期に、フリマアプリなどに出品するのは、想像しただけで超絶めんどくさいし暑苦しい=3

だったら、防災グッズという名目で備蓄しておけば、スペースは減らないけど手間いらずだし、防災意識高い系のデキる人のようではないですかッ!

素晴らしい着眼点だッ!でかしたぞ、主婦Aッ!!

ちなみに、私はクリーニング屋さんのバッグを使っています。軽いし、たくさん入るし、多少の撥水効果もあるので。



今回、改めて詰め直したところ、かなりスペースが残っていました。



お水2本をこちらのバッグに移動しても、



まだ7割くらいの詰め具合。残りはまたボチボチ詰めて行けばいっか!



そして、緊急時には笛も必要らしいので、バッグの取っ手に結んでおきました。


不要品の認識を改めてみる
今までは「不要品=困った物」という認識でしたが、防災グッズとして考えれば、必ずしも捨てる必要はnothing!

今後、我が家の不要品は、再利用を考え、それが難しければ防災グッズにし、それでもダメなら譲るかフリマアプリなどに出品しようと思います。

不要品の山を頭の片隅で片付けなきゃと思いながら、ついつい先延ばしにしてしまう……、そんな自己嫌悪や罪悪感とはもうオサラバさ、アーハッハッハ!

防災グッズであればスペースは減らないけど安心感は増すし、捨てるか捨てないかで悩む時間がもったいない!

実際に私はこの思考で、断捨離がサクサク進みました!

手間をかけずに片付けたい方は、ぜひ一度お試しあれヽ(^o^)丿

防災月間の9月にこそ、手つかずになっていた不用品を見直してみてはいかがでしょうか?

撮影・文/主婦A

当記事は暮らしニスタの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ