『スター・ウォーズ:ビジョンズ』サイエンスSARU『赤霧』『T0‐B1』場面写真&ストーリー公開

クランクイン!

 アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(ディズニープラス/9月22日配信開始)より、サイエンスSARUが制作した『赤霧』と『T0‐B1』のあらすじと場面写真が解禁された。

本作は、『スター・ウォーズ』シリーズを生み出したルーカスフィルムが、日本の7つのアニメスタジオとタッグを組んで、9つの新しい物語を描いたオリジナル短編アニメ映画集。

先日の『The Duel』『のらうさロップと緋桜お蝶』に続き場面写真とあらすじが解禁されたのは、“ジェダイと王女の禁じられた愛”を描く『赤霧』と、“ジェダイを目指すドロイド”を描く『T0‐B1』の2作品。

■チェ・ウニョン監督作『赤霧』

とある星の危機に導かれるように駆けつけたジェダイのツバキ。敵の襲撃に遭い、気を失ってしまうが、かつて親交があった王女ミサの一行に助けられ、2人はで王国奪還のため宮殿へ向かうことに。旅路の果てに待ち構えていたのは、兄である国王を殺しシスとなったマサゴだった。ツバキは強大な力を誇るマサゴとの戦いの中で、自分自身の秘めたある思いを利用され、究極の選択を迫られる。

場面写真には、ローブのようなものを身にまとい、星の危機に導かれてきたジェダイ・ツバキの姿が描かれている。ツバキの表情からはどこか過酷な運命を背負っているように感じられる。

チェ・ウニョン監督は「お姫様や騎士であるジェダイが繰り広げる冒険活劇の要素を大事に『ロードムービー』にしよう、と決めていました。『スター・ウォーズ』の持つ童話的要素の魅力を踏まえつつ、日本の古い映画も参考にしています」と語る。

ツバキの声を演じる宮崎遊は「ツバキがこのストーリーを通して迎える結末は、『スター・ウォーズ』の普遍的なテーマの一つに通ずるものがあると、個人的には考えています」とコメントしている。

■アベル・ゴンゴラ監督作『T0‐B1』

ジェダイを夢見る少年型ドロイドのT0‐B1は、唯一の人間であるミタカ博士と暮していた。星に生命を宿らせるという博士の研究をそっちのけで夢ばかりみている彼に、ミタカは試練を与える。それはライトセーバーの核となるカイバークリスタルを見つけだすこと。はりきって探し回るT0‐B1はミタカに立ち入りを禁止されていた地下室で古い宇宙船を見つけるが、この悪気のない行動が平和だった星に悪の手を招いてしまう。

場面写真では、ジェダイを夢見る少年型ドロイドのT0‐B1が青く輝くライトセーバーを持つ姿が描かれている。

アベル・ゴンゴラ監督は、「キャラクターのデザインは、1960年代の日本の漫画から大きな影響を受けています。60年代の日本アニメーションといえば『鉄腕アトム』がよく話にあがりますが、ものすごく光栄なことに、僕は今回のエピソードで大野松雄さんにサウンド・デザインの仕事をしていただきました」と、テレビアニメ『鉄腕アトム』に関わったことで知られる大野松雄の参加を喜んだ。

T0-B1役の野沢雅子は、自身が演じたキャラクターについて「子供らしさの中に“???”というところを持っているキャラクター。良い意味での裏切りもあり大好きでした」と明かす。

オリジナル短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、ディズニープラスにて9月22日より全9話一挙配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ