ミュージカル『蜘蛛女のキス』 石丸幹二による、チャーミングで心躍る劇中曲の歌唱映像が公開 

SPICE



2021年11~12月に東京・大阪にて上演される、ミュージカル『蜘蛛女のキス』。本公演に出演する、石丸幹二による劇中曲「♪ドレスアップ」の歌唱映像が到着した。

本ミュージカルは、1976年に出版されベストセラーとなった作家マヌエル・プイグ作の小説を原作として1990年代にミュージカル化され、1993年にはトニー賞ミュージカル作品賞などを多数受賞した、日本でも人気の高い作品。
音楽と歌詞は、『キャバレー』や『シカゴ』などのヒット作を生み出してきたコンビ、ジョン・カンダーとフレッド・エブが手掛け、その名曲は、数々のミュージカル俳優によりコンサート等でも歌われてきた。抒情的かつメロディアスな楽曲が、全編にわたり作品を彩る。

今回公開された歌唱曲は、石丸演じるモリーナが歌う「♪ドレスアップ」。モリーナは獄房で、若い青年革命家のバレンティン(相葉裕樹/村井良大)と同室になる。言い合いのたえない二人だが、モリーナはバレンティンに対して、「当分はイヤでも一緒じゃない」「あなたのために、私がこの房をオシャレにしたのよ」と語りだす。
ウィンドースタイリストとして働くお洒落が大好きなモリーナが、ドレスアップの楽しさを軽快な音楽にのせて歌う、チャーミングで心躍るナンバー。一方で、暗い刑務所の中にいながらも、その中で生きる希望、明るさを見つけようとする、切なさも伝わる1曲だ。

【♪ドレスアップ/石丸幹二】ミュージカル『蜘蛛女のキス』より劇中曲を披露!

本楽曲は、”石丸モリーナ”の世界観を垣間見ることができて11月の上演時にはどんな姿を魅せてくれるのか、期待が高まる。なお、安蘭けいによる劇中曲も、今後公開予定となっている。

本公演は、11月26日(金)~12月12日(日)、東京・東京芸術劇場プレイハウスにて上演。その後、12月17日(金)~12月19日(日)大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演される。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ