やよい軒、17日から「筋肉定食」発売 ご飯の代わりに盛られているのは…

しらべぇ




9月17日よりやよい軒から、昨今の健康志向に対応した、3種の「筋肉定食」が新発売される。

■お茶碗にはご飯ではなく…




そのネーミングもインパクト抜群なやよい軒の「筋肉定食」は、主食のご飯をキャベツサラダに変えることでカロリーを抑えつつ、たんぱく質を多く含む皮なし鶏もも肉や、牛赤身肉が使われた、満足度の高い定食。

公開されているイメージ写真でも、茶碗にはご飯ではなく、キャベツサラダが盛られている。

なお、「キャベツサラダ」と「ご飯」は選ぶことができ、キャベツサラダを選択した場合でも、サラダを食べ終えた後は“ごはんおかわり自由”を利用できるとのこと。

■低カロリーで高たんぱく




筋肉定食「皮なし鶏もも肉のステーキ」(790円)は、熱量415kcal・タンパク質45.1gと、同店の定食の中でもとくにカロリーが低く、たんぱく質を多く摂ることができる定食だ。

また、牛赤身肉がセットになった「コンビ・筋肉定食」(1,190円)と、皮なし鶏もも肉のステーキがどーんと2枚ついた「W・筋肉定食」1,290円も同時発売される。

■もちろんテイクアウトも!




やよい軒の人気テイクアウト『おうち定食』からも、「[テイクアウト]筋肉【皮なし鶏もも肉のステーキ】」(790円)が発売される。

なお同社の発表によると、キャベツサラダを選択した場合、付け合せの野菜と合わせて、1日に必要な野菜量の1/2を摂ることができる他、チキンステーキは、そのまま食べても、選べる2種のたれ(にんにく醤油・ぽん酢)をかけても、おいしく頂けるという。

■約4割がたんぱく質の摂取を意識


ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,844名を対象に「食生活」に関する意識調査を実施したところ、全体で38.4%もの人が「たんぱく質を摂るよう心がけている」と回答。



コロナ禍においては健康志向も高まっており、これまで以上に食生活や健康に気をつかうようになったという人も少なくないようだ。

日頃から“筋肉”を意識している人でなくても、美味しくたんぱく質を摂ることができる、やよい軒の「筋肉定食」でパワーチャージしてみては。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ