吉高由里子、“SMBCイメージ”緑のスーツに笑顔 なで肩「カバーされてる」

クランクイン!

 女優の吉高由里子が15日、都内で開催された「SMBC Green プロジェクト」発表会に出席。吉高は、イメージキャラクターを務める「三井住友銀行」をイメージしたグリーンのスーツ姿で登場し、環境に対する意識の変化などを明かした。

「SMBC Green プロジェクト」は「日常を支える各種金融サービスの提供」「デジタルサービスの拡充」を通じて環境保全に取り組む目的で発足。これまでの窓口やATMでの取引に加え、デジタルサービスの拡充によって利便性向上と環境負荷軽減に邁進していくという。

吉高は「すごい一生懸命、探してくれたみたいで。より近い色のスーツを着させていただきました」と、ロゴと同じく緑色の衣装に笑顔。三井住友銀行のオリジナルキャラクターである「ミドすけ」に関しては「ミドすけもね、ジャケット着た方がいいんだよ。なで肩がすごいから。私もこれでカバーされてるから」と白い歯を見せ「こないだツイッターでミドすけのアカウントにメッセージしたら、ミドすけの『すけ』はひらがなだよってアピールされました(笑)」と交流を明かして会場を沸かせた。

そんな吉高は、エコバッグを持ち歩いているそうで「ノベルティとかでももらう機会が増えてきた」とコメント。レジ袋に対する意識の変化があったか問われると「最初はすごく『袋要らないです』とか、そういうのが違和感があったんですけど、持ってないと不便な世の中になってくるというか。でも、とてもいいことだと思いますね」と心境を語っていた。

この日は、環境に関するクイズにも挑戦した吉高。最後に改めてマイクを握ると「銀行って、本当に多くの方々の生活にすごく密着しているからこそ、SMBCのGreenプロジェクトのような活動は、今後とても大切になっていくと思いました」と発言。そして「皆さんの意識や行動が少し変わるだけで、環境負荷軽減につながるんだなと改めて実感しましたので、この運動というか、プロジェクトを、皆さんに、1人でも多くの方に知っていただけたらなという風に思います」と笑顔で呼びかけていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ