隠れた名作発見!Netflixオリジナル映画『思いやりのススメ』で一歩踏み出す勇気を

めるも編集部

人によって抱えている悩みは様々。
変わりたいけど勇気が出ないそんな人に見て欲しい映画「思いやりのススメ」をご紹介!
これを見たら、きっと前向きな気持ちになれるはず!

映画紹介

「思いやりのススメ」は、心に傷を負った新人介護士の男と体に障害を持つ少年が旅を通して前向きに変わっていく2016年に公開されたロードムービー。
主演は、「アントマン」役でお馴染みのポール・ラッドと演技力の高いクレイグ・ロバーツ。
また、旅先で出会う女性ドット役をセレーナ・ゴメスが演じている。
本作は、サンダンス映画祭のオフィシャル・セレクション作品に選ばれた。

あらすじ

新人介護のベンが初めて担当することになったのは、筋ジストロフィーと言う難病を抱える少年トレヴァーだ。
トレヴァーの生活はいつも規則正しく、毎朝同じ時間に同じものを食べている。
また、彼の性格はとても捻くれており、今まで担当した介護士は全く続かないほど。
ベンもトレヴァーの態度やブラックジョークに頭を悩ませるも、関わっていくうちにお互い心の距離が近づいていく。
もし体が自由だったら「世界一デカイ牛」や「世界一深い穴」を見てみたいという夢や、父親が3歳の時に自分の障害のせいで出ていき話をしたいことをベンに打ち明ける。
ベンはトレヴァーに外の世界を見せてあげたいと思い、彼の行きたい場所を訪れる旅に出る。

レビュー

友情あり!ラブストーリーあり!の心温まるストーリー。
ブラックジョークの掛け合いが、ベンとトレヴァーの関係を築いていく。
お互いぶつかり合いながらも飾らない姿が、いつの間にか信頼できる友情がとても素敵に描かれている。
最後までトレヴァーらしくユーモアのある終わり方で”クスッ”と笑みが出てしまう!

注目ポイント

旅先で出会う仲間が素敵すぎる!
母を亡くし、父に置き手紙だけ残して美術学校へ行くためヒッチハイクしているドット。
車が故障し困っている妊婦ピーチス。
二人をそれぞれの目的地まで車で乗せていくだけだったはずが、彼女たちと関わっていくことで、ベンとトレヴァーは過去の自分や変われないと思っていたことに向き合い、一歩前進することができる。
キーパーソン的存在だ!

まとめ

ベンとトレヴァーの関係が、介護士と障害者ではなく友情へ変わっていくのがとても素敵な映画。
悩みがあり変わりたいという思いに『思いやりのススメ』は背中を押してくれることでしょう!

【公開】
2016年
【スタッフ・キャスト】
◼監督
ロブ・バーネット
◼出演
ポール・ラッド
クレイグ・ロバーツ
セレーナ・ゴメス
ミーガン・ファーガソン

Netflix映画『思いやりのススメ』独占配信中

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ