【電話って怖ェ】韓国映画『ザ・コール』で電話音にビビろう

めるも編集部

SF映画でもタイムリープといったストーリーは人気という事もありよく耳にする。
今回は、電話を通じて過去と未来が同時並行で繋がったことにより悲劇が起こってしまう映画『ザ・コール』をご紹介!

映画紹介

『ザ・コール』は、過去と未来が繋がる電話によって運命が変化するSFサスペンス映画。2020年3月に劇場で公開予定だったが、コロナの影響でNetflix配信となった。
本作を手がけたのは、短編映画「身代金」を製作し、アイドル級のビジュアルでも話題のイ・チュンヒョン。

あらすじ

2019年、実家に帰る途中スマートフォンを落としてしまい、家にある古い電話で探すソヨン。
その時、突如電話がかかってきた。
相手は1999年を生きる見知らぬ女ヨンスク。
ヨンスクは霊媒師の義母の虐待から助けを求めるために電話をしたのだった。
家の電話を通じて違う時代を生きる2人は、同じ28歳という事もあり意気投合。
そして、ソヨンは1999年11月27日に父親が火事で亡くなったことをヨンスクに話す。
その年を生きているヨンスクは、父親を生き返らせることが出来るかもしれないと、火事が起きる日にソヨンが当時暮らしていた家へと向かうがーー。

レビュー

心の底に眠っていた悪が目覚めるヨンスクが、とてつもなくサイコパスさを感じる。
過去にいるヨンスクは未来を変えられるのに、ソヨンは何も変えることができないところがもどかしい。

「終わった!」と思いエンディングを迎えると思ってたら謎の映像。
その映像がどういう意味なのかと考察せずにはいられない!

注目ポイント

霊媒師であるヨンスクの義母が、なぜ「あなたは沢山の人を殺す」という言い方をしたのか。
また、過去が変わり状況が変化することで、家の様子も変わるところに、ぜひ目を向けてみてほしい!

作品情報

【公開】
2020年11月27日
【上映時間】
1時間52分
【スタッフ・キャスト】
◼監督
イ・チュンヒョン
◼脚本
イ・チュンヒョン
カン・ソンチュ
◼出演
パク・シネ
チョン・ジョンソ
キム・ソンリョン
イエル

Netflix映画 『ザ・コール』独占配信中

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ