マジで心あたたまる。実話映画『ファザーフッド』でケヴィン・ハートが父親役に

めるも編集部

男手一つで生まれたばかりの子供を育てるのは、容易な覚悟では勤まらないでしょう。頑張るパパに観て欲しい映画「ファザーフッド」をご紹介。実話に基づいた映画のため、きっと共感できる部分が多いはず!

映画紹介

Netflixにて2021年6月18日に配信されている。主演に選ばれたのは「最強のふたり」や「ジュマンジ」に出演の人気スタンダップコメディアンであるケヴィン・ハート。本作は実話に基づいており、シングルファザーの新米パパが試行錯誤しながらもひとり娘を育てて行くヒューマンストーリー。

あらすじ

帝王切開で娘マディを出産した妻リズは、出産後程なくして肺塞栓症で命を落としてしまう。夫のマットは親族から心配されるが、一人で子育てをすることを決意する。ベビーカーの立ち上げ方すら分からず、何も上手くいかないとイライラしてしまうマット。マディが夜泣きをし始めてからは、仕事と育児を両立することの真の大変さに気づかされる。それでも大切なマディのために、周りの人に助けてもらいながらも試行錯誤して日々過ごしていく。

レビュー

育児に対して何の知識もなかったマットが、育児の激務さを痛感し周りに支えられながらも亡き妻リズの思いを胸に日々頑張る姿がとても印象的。家族、恋愛、仕事同時並行で関わっていくも、マットにとって一番大切なのはマディであることには変わりないという場面は、きっと共感できる人が多いと思う。「キス2つパパとママから」というマディにするキスは、何年経っても繋がっている強い親子の絆が感じられる。また、マディの男の子用のズボンや下着を好むシーンは、「女の子だから」や「女性が子供を育てる」という固定概念は無くていいという意味が読み取れる。

注目ポイント

娘の成長と共にマットも成長していく心境の変化に注目。また、ケヴィン・ハートが人気スタンダップコメディアンということもあり、コメディ要素ある笑える部分も見所の一つ!

まとめ

「ファザーフッド」は、とにかく最後まで家族愛を感じ心温まる作品。Netflixにて配信されているので、気になった方は是非チェック!

【配信日】
2021年6月18日

【スタッフ・キャスト】
◼監督
ポール・ワイツ
◼脚本
ダナ・スティーヴンズ
ポール・ワイツ
◼出演
ケヴィン・ハート
メロディ・ハード
アルフレ・ウッダード
リルレル・ハウリー
ディワンダ・ワイズ
フランキー・フェイソン
アンソニー・キャリガン
ポール・ライザー

Netflix映画『ファザーフッド』独占配信中

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ