香りに包まれる贅沢バスタイム。保湿もかなうバスタブレットが登場



ドイツ生まれのハーバルブランド・クナイプは、天然ハーブのエッセンシャルオイルを配合した重炭酸Na(※1)配合入浴料「クナイプ スパークリングタブレット」を、9月23日より販売開始します。

「クナイプ スパークリングタブレット」は、本格的な天然ハーブの香りと重炭酸Na(※1)を配合したきめ細やかな泡が特徴の炭酸入浴料で、天然のエッセンシャルオイルを配合することで、天然ハーブの豊かな香りを感じる今までにない炭酸入浴料となっています。

さらに、オーガニック認証のアルガンオイル(※2)も配合されているので、入浴しながらしっかりと保湿ケアすることができるので、これからの季節にもうれしいですよね。

今回、バスソルトでも人気の「グーテナハト ホップ&バレリアンの香り」「ラベンダーの香り」「オレンジ・リンデンバウム<菩提樹>の香り」の3種類をお楽しみいただけます。

いつものバスタイムにプラスして、ココロもカラダも癒されてみてはいかがでしょうか。

(※1)炭酸水素Na(基剤)

(※2)アルガニアスピノサ核油

■商品概要

クナイプ スパークリングタブレット(全3種類)

価格:1錠入り 308円

6錠入り 1,540円

(マイナビウーマン編集部)

当記事はマイナビウーマンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ