大谷翔平選手、ノーヒットで3試合連続本塁打なし 熾烈な本塁打王争いの行方は…

しらべぇ




ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手は15日(現地時間14日)、敵地セルラー・フィールドで行われたシカゴ・ホワイトソックス戦にスタメン出場。

■4打数ノーヒットで試合を終える


「2番・DH」でスタメン出場した大谷選手だが、1、2打席目は連続三振。3点ビハインドで迎えた5回、1死1塁では四球を選び出塁に成功。2死からジャレット・ウォルシュ内野手も四球を選んで満塁のチャンスを迎えるも、ルイス・レヒンフォ内野手が見逃し三振で得点にはつながらない。

そしてノーヒットのまま迎えた9回の第5打席では、2ストライクからワンバウンドした球を振ってしまい、三振となってしまった。結局この日は、4打数0安打3三振と悔しい結果に。

■熾烈な争いを繰り広げる


注目されている本塁打王争いだが、ウラジミール・ゲレロJr内野手が14日のタンパベイ・レイズ戦で本塁打を放ち、45本で単独トップに立っている。

大谷選手は44本で2位。3位のサルバドール・ペレス捕手も43本と迫ってきているだけに、ファンが期待する豪快な一本を見せてほしい。

■9月は不調の大谷選手


3試合連続のノーアーチで打率も2割5分7厘まで下がった大谷選手。9月の成績は打率1割7分1厘、2本塁打と本来の力を出し切れていない。

今シーズンも残り18試合。佳境を迎えて疲労をピークに達していると思うが、なんとか調子を取り戻して日本人初の本塁打王のタイトルを獲得してほしいところ。

■次戦での本塁打を期待する声


そんなノーヒットの大谷選手にネットでは、「シーズンも終盤、気を取り直して明日に期待」「まだまだ試合は残っている」といった、次戦での本塁打を期待する声が続出。

一方で「今の感じだと、本塁打王どころかエンゼルスの本塁打記録(47本)に並ぶのも厳しそうだな…」「フォームがバラバラに見える」など、状態の悪さを指摘するコメントも散見された。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ