『はめふらX』ついに最終回! 思いあふれる卒業式

7月2日(金)より放送中のTVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』の第12話あらすじ、場面カットが公開された。

アニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…X』は、アニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』の続編(セカンドシーズン)。山口悟による原作は、シリーズ累計400万部を突破し、一迅社文庫アイリスより好評刊行中。略称は『はめふら』。

乙女ゲームの悪役令嬢カタリナ・クラエスに転生してしまった17歳の女子高生が、ゲームの世界の彼女の結末であるハッピーエンドで〈国外追放〉、バッドエンドで〈死亡〉と究極の二択、破滅への道を回避するため奔走するその姿と、彼女を取り囲む魅力的なキャラクターたちが織りなす世界観は数多くの人たちに支持され、原作ノベルのコミカライズ作品は『次にくるマンガ大賞2019』コミックス部門第4位にも選出された。
ファーストシーズンでは、カタリナは苦難の末、ゲーム中に登場する破滅フラグを全部回避して最終回を迎えている。

ついに最終回を迎える『はめふらX』第12話は、9月17日(金)深夜1時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット ”スーパーアニメイズム” 枠にて放送開始。
そして今回のコメンタリー副音声は、カタリナ役・内田真礼さん×メアリ役・岡咲美保さんが担当する。
あらすじ、先行カットはこちら!

<第12話 「卒業式がやって来てしまった…」>
ついに今日、カタリナ・クラエスは魔法学園を卒業する。
2年間の学園生活を振り返りながら、大切な仲間たちとの会話に花を咲かせるカタリナは、式後に王宮で開かれるパーティーへと参加する。そこでジオルドを始めとしたカタリナに想いを寄せるメンバーからの思い思いの告白を受けるのだった。

>>>卒業式の様子が見られる第12話場面カットはこちら(写真7点)

(C)2021 山口悟・一迅社/はめふらX製作委員会・MBS

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ