寒くなるまでなに着よう?「秋の服と引き継ぐ夏服」の合わせ方

GISELe

夏の名残を惜しみつつ、秋の訪れも待ち遠しい。季節のはざまで揺れ動く、この時季ならではの「中途半端な」スタイリング。どっちつかずなこの時期だからこそ味わえる、夏の肌で着る秋の服という特別感を楽しみたい。

【ノースリーブのままロングブーツ】
ショートブーツさえスキップして、ロングブーツを始めるなら、装いは極力ライトがいい。ただし季節はずれに見えては本末転倒。重くて軽い。そんな矛盾をはらんだ「そでのないウールドレス」が最適なパートナー。

|WOOL SLEEVELESS DRESS|

白のワントーンと肌に映える
強気なVネックと迫力のあるAライン

アイボリーウールワンピース(10月発売予定) 52,800円/FLOML サングラス 27,500円/BLANC 〈右手中指〉シルバーリング 15,400円、〈左手薬指〉ゴールドリング 18,700円/ともにSYMPATHY OF SOUL -Style-、〈右手薬指〉ゴールドリング 18,700円/MERAKI(以上フラッパーズ) 〈左手人さし指〉ゴールドリング 38,500円/サンズ サンズ(RHC ロンハーマン) ロングブーツ 52,800円/カルメンサラス(イウエン マトフ 横浜店)

【薄手トップスとコーデュロイ】
軽いトップスに季節感を補うように、ボトムは秋の気配を感じるコーデュロイを準備。コーデュロイに向くまろやかな白、クラシカルなバーガンディを選出。

|WHITE CORDUROY|

クリアな白と初秋のオフ白。
ワントーンの中に抑揚を

レイヤードTシャツ 26,400円/ATON(ATON AOYAMA) コーデュロイフレアパンツ 14,080円/ROLLAS(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ストール 5,500円/マドモアゼル ロペ バッグ 15,950円/DECKE(アイクエスト ショールーム) ショートブーツ 19,690円/A de Vivre 膨張しても見えかねないはっきりしないワントーン。ショートブーツのツヤ感がいいメリハリに。

|BORDEAUX CORDUROY|

Tシャツは夏・ほかは秋。
潔く振り切って今ならではの装いを

手に持ったコーデュロイジャケット(一部店舗のみで販売) 6,990円、コーデュロイパンツ(一部店舗のみで販売) 3,990円、ハット(一部店舗のみで販売) 1,990円/以上ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ(UNIQLO) Tシャツ 1,650円/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) ローファー 28,600円/カステラーノ(フレームワーク ルミネ新宿店)

【素肌を残して濃厚なブラウン】
「モノは夏・色だけ秋」をテーマに、ALLブラウンに置きかえて季節を越えていく準備を。涼やかで、あたたかく、どこかエモーショナル。この時季の気分をあらゆるブラウンに託すように。

|TANK TOP+DARK BROWN|

ウールハットとレザーサンダル。
整った配色の中で小物も季節感をMIX

ベージュタンクトップ 7,150円/CREDONA 肩にかけたブラウンスエット 37,400円/ATON(ATON AOYAMA) ダークブラウンテーパードパンツ 25,300円/アストラット(アストラット 新宿店) ブラウンウールハット 30,800円/メゾンドリリス(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) ブラウンサンダル 7,590円/RANDA 上半身はやや重く。そのぶん足元はサンダルで抜けをつくって。

服選びは「上手に見える法則」から逆算
➤【海外スナップ】ド定番が洒落て見える「ポイント」

当記事はGISELeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ