【ステキな40代の私服】見習うしかない!コンプレックスカバーなおしゃれテク

OTONA SALONE



オトナサローネでは、ただいま読者組織を結成すべくリーダー読者の皆さんをスカウト中!

#1はカラーコーディネータ―であり、ファッション&メイクコンサルタントでもあり、二児の母でもあり…etcと様々な顔を持つ谷口美佳さん(@mica_taniguchi( https://www.instagram.com/mica_taniguchi/?hl=ja ))。

170cmと持って生まれた高身長とスタイルの良さに、ただただうらやましい~!!という気持ちがわき上がるけど、実は「お尻が大きい」「二の腕から背中の肉づきが気になってる…」など、いろんなコンプレックスがあるとか。

洋服とメイクのコンサルという仕事柄、「似合う」「似合わない」に超シビアな彼女。自身の洋服選びは素材、デザイン、シルエット…etc.細部に至るまでかなりのこだわり。驚愕です…!

①上品なデニムスタイル




▶ベージュトップス・・・ebure(エブール)

▶デニムパンツ・・・DENHAM(デンハム)

▶バッグ・・・FENDIのピーカーブー

▶パンプス・・・PELLICO

▶ストール・・・ASAUCE MELER (アソ―スメレ)

▶アクセサリー・・・BLANC、Joueteなど



エブールというブランドのトップスはとろみ感のある化繊素材や、えりぐりがつまってるデザイン、オレンジベージュの色…などなど、すべてが私にベストなエッセンスがつまってるんです。ここぞってときはかなり重宝しています。

また、実はお尻が大きいのがめっちゃコンプレックスで。だからボトム選びは昔からすごく慎重なんですが、デンハムのデニムはヒップハング気味でポケット位置もベストバランス。大尻さんには感涙もののデニムなんです。見つけたー!!って感じ(笑)。

ペリーコのパンプスは、もう47歳だから1日中ヒールはいて働くのもツライんです(笑)。そんな私にぴったりなブランド。お値段も安くはないけど、年を重ねたら足元、特にヒールはいいものをはいたほうがいいと思います。

アソ―スメレのストールも私にベストなカラーのオレンジベージュ。これからの時期、さらっとはおれる。重宝します!」

②フェミニンなジャケットスタイル




▶オフホワイトジャケット・・・H&M

▶ブラウス・・・Chaos

▶ロングスカート・・・LE PHIL

▶バッグ・・・LOEWE

▶ミュール・・・Deuxieme Classe

「ジャケットはH&Mです。アウターやはおるものはファストファッションで買ったりもします。

ブラウスは一目ボレしたカオスのもの。黄みがかった色合いとか、ツヤがもらえるシルク混の素材感(しかも自宅で洗える!)など、私にいちばん合う要素盛りだくさんなブラウスなんです。

スカートはル フィルの定番デザイン。毎年出てるスカートで、リピートしてます。お尻がコンプレックスだから、スカートも探すのが一苦労なんですが(笑)、これはテロテロとした素材感と黄みがかったさわやかなグリーンがお気に入り。

バッグはロエベのハンモックバッグ。ドゥージエム クラスで買ったミュールは歩きやすくて、でも脚がキレイに見えるローヒールをチョイス

③ベージュのワントーンコーデ




▶透け素材ニット・・・anuans

▶ベルトつきパンツ・・・BEIGE,

▶ストール・・・ZARA

▶バッグ・・・CELINE

▶パンプス・・・NEBULONI E.

「黄みがかったベージュで統一。自分的にいちばん似合う色で全身を仕上げました

ニットは透け感があって、この透けてる素材も私に似合うタイプのもの。そしてベイジのパンツは360度見られてもOKなパンツ(笑)。黄みがかったベージュ、とろみ素材、下にむかって細いシルエット…etc、試着した瞬間にこれだ!ってなりました。

イエローのストールはZARAで購入。持ったとき気分が上がるし、私のラッキーカラーなんです。

セリーヌのバッグは結婚15周年で主人に買ってもらったもの。マスタードイエローのパンプスはネブローニのもの。コーデのアクセントとしてプラス」

谷口さんいわく、服選びのポイントは「まずは自分のサイズを知ること」みたい。

メジャーでスリーサイズはもちろん、太もも回りや二の腕などのサイズ感も暗記してる谷口さんは、ECでの服選びも失敗することが少ないそう。

皆さんもぜひ明日から実践してみてください!

photographs/Kazuki Yayama(model・BIEI)

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ